リズが食育資格を取得するための勉強方法を教えます

当サイトでは、食育の資格を取得するための記事を揃えています。

これから食育を学びたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

食育の資格とは

まずは、食育の資格について紹介していきます。

食育の資格について

食育資格というのは、国が定めている食育基本法に基づき、食事について考える習慣を身につけたり、食に関する知識を学んだりするサポートを行う資格です。

食育に関する資格はいくつか種類がありますが、大半は比較的初歩的なものとなっていますので、食に関する仕事に就くときに取得する人もいます。

食育の資格は国家資格ではなく、『一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)』や『NPO日本食育インストラクター協会』などが資格の認定を任されている民間資格です。

食の安全性やアレルギーに関する知識、栄養学などの、食事に関する基礎知識を身につけ、日常生活で実践するべく指導を行います。

食育の資格は食に関する基礎知識を学べるきっかけになるんです!
まとめると、食育の資格は以下のような特徴があります。

・食の基礎を学べるきっかけになる
・民間の資格
・日常で実践することができる

食育の資格を取得すると

食育資格を取得した後は、小さい子供から高齢者まで幅広い年代を対象に、各職場で活躍できます。

食育は生涯を通して行われますので、保育園や幼稚園などで働いたのち、高齢者向けの施設に転職するということも可能です。

食育を必須とする仕事はほとんどありませんが、この資格を持っていることで、料理教室のオーナーやスタッフ、セミナーの講師、飲食業界など、調理や食事に関する分野で活躍しやすくなります。

また、食育を必要としている教育機関や福祉施設、医療施設などでも役立つでしょう。

食育資格は就職に有利

食育資格は、履歴書の資格欄に書くことができる資格の一つですが、これを活かせる資格を別に持っておくと評価を上げやすくなります。

例えば、教員や看護師、介護福祉士など、食事と密接なつながりがある施設で働く資格を持っている人が取得しておくと、就職や転職の時に有利です。

食育の資格を取得すると、食で関わる職場で活躍できたり、転職活動にも有利になるんですね!

食育資格の一覧

食育の資格って、どんなものがあるか知っていますか?

食育講座の資格一覧の記事でも紹介していますが、まだ知らない人もいると思いますので、講座の金額も合わせて資格の一覧を紹介します。

講座名金額
(税込)
資料請求
食育メニュープランナー21,600円 資料請求
ベジタブル&フルーツプランナー32,000円 資料請求
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー32,000円 資料請求
薬膳マイスター養成講座37,800円 資料請求
食育アドバイザー38,880円 資料請求
薬膳料理アドバイザー38,880円 資料請求
幼児食インストラクター38,880円 資料請求
食育インストラクター39,900円 資料請求
親子で食学Baby・Kids講座41,040円 資料請求
食学調味料講座41,040円 資料請求
食育講座85,000円 資料請求
食学A級・S級プログラム248,400円 資料請求
マクロビオティックA級・S級プログラム248,400円 資料請求
美容食学プログラム248,400円 資料請求
応用食事療法248,400円 資料請求
ナチュラルエイジングプログラム248,400円 資料請求
食学指導者養成プログラム313,200円 資料請求

こんなにも食育の資格があるなんて驚きですよね。

まずは興味がある・面白そうに感じる資格を見つけてみましょう!

食育資格の試験について

食育の資格は在宅で受験可能

食育の資格は、食育指導のための資格としては初歩的なものです。

試験に関しても、年齢制限や実務経験などの条件が付いておらず、テキストを見ながら在宅で受験ができますので、比較的取得は容易といえます。

そのため、子育て中で自由に動くことができない人、食育指導を必要としている職場で働いている人など、資格取得の必要があっても時間があまりとれないという人でも勉強や受験がしやすいでしょう。

資格は指定の教育機関で受験

ただし、食育資格の試験を受けるためには、日本能力開発推進協会指定の教育機関等で、全カリキュラムを受講しなければなりません。

講座受講修了をもって試験を受けることができるようになりますが、試験内容はテキストを参照しながら記述式で解答するため、出題内容がどこに記載されているかが分かれば比較的解きやすいです。

受験のために受ける講座はテキストやDVDなどが配布されるため、これらを何度も熟読しておけば点数が稼げるでしょう。

試験の内容は?

試験範囲は講座の全範囲で、基礎編では食糧問題や環境など、社会的な問題についての出題もあります。

伝統料理や郷土料理といった食事に関する知識の他、医食、薬効、栄養学など、専門的な知識も必要です。

主なポイントは食品の安全性や栄養学、消化吸収の仕組みなどで、これらを食育活動につなげるための応用力も求められます。

食育の資格は、在宅で受験できるものがほとんどです。

主婦の人や忙しい人でも受験可能ですね!

・在宅でも受験可能
・受験資格は全カリキュラムの受講が必須
・試験内容は講座の全範囲

食育資格の試験対策

資格試験の範囲

食育資格の試験は、かなり幅広い内容です。

基本的な知識としても、栄養学や消化吸収のメカニズム、食の安全やアレルギーなど、食に関する専門的な内容が含まれます。

さらに、これらの知識を活用し、幅広い年代の相手に正しい食生活の実践を行う方法や肥満、アレルギーなどの症状を持つ糸のための食育指導などを考えていかなければなりませんので、まずは基本の知識を確実に自分のものにしていく必要があります。

これまでなじみのなかった内容も含まれていることがあるため、テキストの内容はきちんと確認し、正しく理解しましょう。

その上で、応用問題が出たときにすぐ対応できるように、しっかり覚えるまで反復することも大切です。

試験対策は?

また、実際の食学では、複数の基礎知識を組み合わせて活用することも多いです。

そのため、苦手分野を作らないということも、試験勉強に欠かせません。

テキストは熟読し、分からない点はネットや図書館で調べるなどの習慣をつけておきましょう。

知識があっても、試験で高得点が取れるとも限りません。

ある程度身についたと思えるようになったら、実際に過去の問題を解いてみることも大切です。

どのような分野が集中的に出題されるのか、応用問題として出題されるときはどのような内容になっているのかなど、数多く問題にあたってみなければわからないこともたくさんあります。

合格率が高いからと言って慢心せず、資格取得後に真の意味で役立てることができるように集中して勉強しましょう。

試験の範囲は幅広いので、日頃から少しずつ勉強していきましょう。

効率よく勉強するには?

しっかり学びたい人は通学スクール

食育の資格は比較的取得しやすいとはいえ、誰でも勉強せずに合格するほど簡単なものではありません。

講座を修了したタイミングで受験資格が得られますので、受講しながらその内容を完全に自分のものにしていくようにしましょう。

短時間で資格を手に入れるには、通学スクールが確実です。

指定の会場に出向いて授業を受けることができるので、ポイントを的確に把握できます。

また、わからないことがあってもその場で講師に説明を受けられるので、苦手分野をつぶしやすいというメリットもあります。

逆に、費用面では割高になるものの、早く資格を取得したいというときに利用しましょう。

在宅や費用を抑えて学びたい人は通信講座

一方、費用をできるだけ抑えたいという場合には、通信講座がおすすめです。

テキストやDVDを受け取って自宅で空き時間を利用して勉強しますので、仕事を持っている人、不規則な生活を送っている人でも、ライフスタイルに合わせて勉強を勧められます。

DVDがあるので何度も同じ内容の授業を受けられるというメリットもあり、時間をかけて確実に自分のものにしたい人にぴったりです。

通信講座は費用を抑えられるし、在宅で学べるからオススメです。

しかも、資格も取得できます。

・通学スクールは費用が高い
・通信講座は安くて在宅で学べる

食育資格を取得するには

まずは通信講座から

食学を学ぶためには、食学の書籍や料理本などたくさんありますが、「どう勉強していいのか分からない」「もっと効率よく勉強をしたい」という声も少なくありません。

そこで食学をこれから始める初心者の方には、通信講座をオススメしています。

先ほどでも挙げましたが、

  • 在宅で学べる
  • 自分のペースで勉強できる
  • 費用を抑えることができる
このようなメリットがあるからです。

思い立ったらスタートしよう

食育資格を学ぶきっかけは、自分や家族の健康のために勉強しようという方が一番多いようで、他には仕事でのキャリアアップに繋げる方もいらっしゃいます。

いずれにしても、食育資格の出題は日常生活に密接した内容となるため、試験勉強だけでなく、日ごろの食事についても興味を持つことが大切です。

実際に資格を取ってから活用するときに備え、食の大切さを意識しておきましょう。

資料請求で比較してみよう

「どの講座がおすすめなの?」という質問をよく目にしますが、回答するのであれば、あなたが合うと思った講座を選択すると良いでしょう。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメします。

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうか確認してはいかがでしょうか?

まずは、興味がありそうな資格を資料請求して比較してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました