食育は本で学ぶ?通信講座?違いを比較した結果、おすすめはどっち?

リズ
リズ

食育の勉強は、本で学ぶ派通信講座で学ぶ派にだいたい分かれるでしょう。

実際に、どちらの方が食育を学びやすいのでしょうか?

今回は、本で学ぶ方法と通信講座で学ぶ方法を比較して、どちらがオススメなのかハッキリさせましょう。

教材は1冊にまとまっているか?複数に分かれているか?

リズ
リズ

まずは教材について比較してみましょう。

本だと1冊にまとまっている

食育を学ぶ方法としては、主に本で学ぶか通信講座を利用するかの二点がありますがこれらの違いとしてまずあげられるのが教材の数です。

書店などで購入できる食育の教本は、大抵、内容が1冊にまとまっています。

1冊にまとまっている場合、教材を管理するのが簡単であるというメリットがあります。

また、価格も本1冊分なので経済的な負担を抑えることができます。

通信講座は複数に分かれている

一方で、通信講座の場合は複数に分かれていることが多いです。

通信講座の場合、どの講座を受講するかにもよりますが教材が10冊程度と多くなります。

値段が高くなるので、受講するには勇気がいりますが、メリットもあります。

通信講座の教材は「栄養学」「食文化」「食品学」「衛生学」などのように試験対策ができるよう単元ごとに分かれています。

外に教材を持ち出して勉強する場合、その日やりたい範囲のテキストだけを持っていけばいいので荷物を軽くすることができます。

時々、場所を変えて勉強をしたい人にとっては通信講座の教材は相性が良いと言えます。

また、1ページ目から順に取り組む本に比べると何にどれくらいの時間をかけるかといった、勉強時間のバランスに偏りが出にくいのも教材が複数あるメリットです。

・本だと経済的に負担が少ない
・通信講座だと、幅広く学べる

資格の取得を目指すかどうか?

リズ
リズ

続いては、食育を学習した後のお話です。

勉強後は、資格を取るのか取らないのか?

本で学んだ場合は?

日々の生活に食育の知識を取り入れていければそれでいい、と考えている人。

特に食育にまつわる資格を取得したいとは考えないのであれば本でも充分な知識を身につけることができます。

ただ、明確な目標がないと長続きさせるのが難しいという人も多いのではないでしょうか?

そんな人には、通信講座の受講をおすすめします。

通信講座で学んだ場合は?

食育の資格が、必須とされる職業はないので取得することに意味があるのか疑問に感じる人は多いでしょう。

しかし、食に関する重要な知識を身に着けている証明にもなる食育の資格は食にまつわる仕事への就職や転職に有利に働く可能性があります。

食育を学びたいという強い意志がある人は、そのモチベーションを保つためにも資格を取得するというはっきりとした目標がある通信講座を受講してみましょう。

本で学ぶ場合、読んだ時点で満足してしまい、結局、知識が身についていなんていうケースも多いです。

リズ
リズ

せっかく勉強するのであれば勉強した時間を意味のあるものにするためにも効率良く知識を習得していきたいですよね?

確実に食育の知識を身に着けていきたいなら通信講座の方が有効な選択と言えます。

・本では資格を取得できない
・通信講座は資格を取得できる

サポート体制はどうか?

リズ
リズ

次は、学習中のサポート体制について比較してみましょう。

本は独学で学ぶ

本で食育を学ぶ場合、その本に書かれている内容を自分の中でしっかりと理解する必要があります。

読者に分かりやすく伝わるようにと意識して書かれているとはいえ、物によってはやや分かりにくいと感じる可能性もあります。

多くの人が評価した本が自分にとっても良い本であるとは限りません。

本で勉強する場合、分からないことがあったときに質問をすることができないのが難点となります。

通信講座はサポート体制がある

通信講座を受講すると、質問を電話やメールで受け付けるなどのサポート体制が整っていることが多いので、仮に分かりにくいことがあった時でも安心です。

教材だけでなく、模擬試験を送付してくれるなどのサポートを実施している講座もあります。

達成状況をウェブサイトで確認できるといったようなやる気を引き出す、或いは継続させるためのサポートを行っているところもあります。

本で勉強する場合、独学になるので強い意志を保つことが難しいと言えます。

しかし、通信講座であれば、勉強の計画から、内容の質問、試験対策についてなど多岐にわたってサポートしてくれるので勉強を途中で辞めてしまうという人が少ないです。

リズ
リズ

一人で勉強を続けていくのが苦手だという人には通信講座がおすすめです。

・本だと質問する人がいないので、自分で調べる必要がある
・通信講座だと、質問を電話かメールで受け付けてくれる

食育の資格を取るなら、通信講座がおすすめ

リズ
リズ

それぞれに良いところはありますが、食育を勉強するなら通信講座がオススメです。

在宅で勉強・資格試験ができる

資格対策というと、通学スタイルで資格講座を勉強しないといけない、と思っていませんか?

確かに、通学するタイプの講座もありますが、食育の勉強や資格試験は、仕事や家事をしながら在宅で学べる通信講座がおすすめです。

通信講座なら、自分の好きな時間に勉強をすることができるので、仕事等の関係で生活のリズムが一定でない人にとっても続けやすいです。

DVDを教材に含んでいる講座を選べば、教室で学ぶような感覚で詳しい解説を聞きながら勉強することができます。

映像授業は、止めることも繰り返すこともできるのでついていけなくなるということもありません。

短期間で集中的に身につく

食育の資格を取得するために必要な期間は数ヶ月ほどです。

通信講座で効率よく勉強することができれば、より短期間で知識が身に付くので復習の時間を作る余裕も生まれます。

資格の取得を目指すのであれば、本で勉強するよりも通信講座がおすすめです。

試験は、在宅で可能なので教材を見ながら受験することができます。

比較的、取得は容易で家事と併行しながらでも合格をした人は多くいるので、気軽に挑戦してみましょう!

リズ
リズ

食育の通信講座は20種類以上も存在します。

まずは、興味のあるものから調べてみましょう!

・在宅で勉強から資格取得までできる
・効率よく短期間で食育を学べる

まとめ

食育本で学ぶ方法と通信講座を比べてみると、通信講座で学ぶほうが

  • 食育学を幅広く勉強できる
  • サポート体制が充実
  • 資格を取得できる
  • モチベージョンを保つことができる
  • 自分のペースで勉強できる

このようなポイントがあります。

リズ
リズ

在宅で食育の勉強から資格取得できることは大きなメリットでしょう。

思い立ったらスタートしよう

食育資格を学ぶきっかけは、自分や家族の健康のために勉強しようという方が一番多いようで、他には仕事でのキャリアアップに繋げる方もいらっしゃいます。

いずれにしても、食育資格の出題は日常生活に密接した内容となるため、試験勉強だけでなく、日ごろの食事についても興味を持つことが大切です。

実際に資格を取ってから活用するときに備え、食の大切さを意識しておきましょう。

資料請求で比較してみよう

「どの講座がおすすめなの?」という質問をよく目にしますが、回答するのであれば、あなたが合うと思った講座を選択すると良いでしょう。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメします。

リズ
リズ

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうか確認してはいかがでしょうか?

興味がありそうな資格を資料請求して比較してみましょう!

リズ

初めまして。
運営者のリズです。
当サイトは、一人でも多くの人に食育の『魅力』『勉強方法』『資格の取得』に関する情報を提供できればと思い立ち上げました。
少しでも皆様のお役に立てれるように頑張ります。

人気の食育資格ランキング
食育アドバイザー

一番人気のある食育資格

ここがポイント!
・1日わずか15分の学習でOK!
・手軽に作れる人気のレシピ集
・食育学を総合的に学べる
講座料金:38,880円(税込)
食育インストラクター

服部幸應先生が監修の食育資格

ここがポイント!
・服部幸應先生が監修の通信講座
・分かりやすいと評判のDVD教材
・子供の食生活に活用できる
講座料金:39,900円(税込)
食育メニュープランナー講座

食育を初めて学ぶ人にオススメ

ここがポイント!
・食育の基礎を幅広く学べる
・日常生活にすぐ活かせる
・とにかく費用が安い
講座料金:21,600円(税込)
食育コラム
リズと食育を学ぼう!
タイトルとURLをコピーしました