チャイルドコーチングアドバイザーとは?講座の特徴・おすすめな人は?

チャイルドコーチングアドバイザーは、子供の可能性を最大限引き出して健やかに成長していくためのサポートを行える資格です。

リズ
リズ

子供に携わる教師や講師だけでなく、家庭での子供の教育やしつけにも役立つカリキュラムが充実しています。

今回の記事では、チャイルドコーチングアドバイザーの講座について詳しく紹介していきます。

SNSフォローボタン
\フォローする/

チャイルドコーチングアドバイザーって?

資格講座名費用(税込)学習期間
チャイルドコーチングアドバイザー39,600円3ヶ月
リズ
リズ

チャイルドコーチングアドバイザーとは、勉強やスポーツなどに取り組んでいる子供たちの心の成長を支援するための知識や技術を取得した人を指します。

学習や運動の技術的な指導を行う教育とは異なり、子供と直接コミュニケーションを図りながら心を成長させて、潜在的な能力を開花させるサポートを行えるプロフェッショナルです。

チャイルドコーチングは6歳~18歳の子供たちの心の成長段階に合わせたアプローチ方法を身に付けることができるので、小学校・中学校・高校と将来や進路に悩む時期も前向きな心を引き出すことができます。

自発的に考えて行動できるようになることで子供の心は大きく成長し、目標や夢を達成するために前向きに取り組めるようにもなるでしょう。

いつも叱ってしまう・つい否定する言葉を掛けてしまうなど、子供への指導方法に悩んでいる時にも、子供の自主性や心の成長をサポートできるチャイルドコーチングのテクニックが役立ちます。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「チャイルドコーチングアドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

子供が自主的に行動できるようになる

リズ
リズ

勉強や物事の考え方を教えることで子供に指標を示すことはできますが、自主的に子供が行動しようと思う心を引き出すようなサポートを行うためには、成長段階に合わせた声掛けなどが必要です。

チャイルドコーチングアドバイザーを学習し、子供の自己肯定感を安定させることで子供が前向きに勉強やスポーツにチャレンジしたり、テストや大会などで失敗したとしても次へのチャレンジに繋げたりできるようになります。

自分自身に自信がない・失敗したくないという想いは、子供の心を委縮させてしまい新しいことにチャレンジできなくなるだけでなく、一度のミスで立ち直れなくなる可能性もあるのです。

子供が自信を持って成長する

チャイルドコーチングは、他の子どもと比較してできないことを意識するのではなく、自分の持っている長所を大切に育てることができるので、日々の学習や遊び、将来に向けてのやりたいことを自由に考えられるようになります。

リズ
リズ

コーチングでサポートを受けた子供が、自信を持って自由にのびのびと成長していくことこそがチャイルドコーチングアドバイザーを学習する大きな利点だといえます。

両親が自信を持って子供とコミュニケーションが取れる

また、指導者や親として子供と接する時に迷いや不安があると効果的なアプローチができませんが、JADP認定チャイルドコーチングアドバイザーの資格を取得することで、子供と自信を持ってコミュニケーションをとれるようになります。

講座の特徴は?

チャイルドコーチングアドバイザーは、子供が

  • 自分で考える力
  • 周りと協働できる力
  • 自分の問題を自分で解決できる力

を身に付けるためのサポートができるようになります。

実践力が身に付く映像講義

リズ
リズ

チャイルドコーチングアドバイザー講座は、具体的な例題を元に映像で勉強することができる講座です。

子供が拒否してばかりで言うことを聞かない・勉強が続かない、やる気がないなど、それぞれのシチュエーションに合わせた声の掛け方を身に付けることができます。

叱ったり指示したりという直接的な指導ではなく、子供の可能性を引き出すために必要な言葉の選び方、表情などを、パソコンやスマホで何度も動画をチェックして学ぶことができます。

手厚い添削指導

プロのコーチング研修講師として企業や学生の指導を行っている石川尚子先生が監修した教材を元に、専任講師から課題の添削をしてもらえます。

丁寧な手描きの添削指導を受けることで、一つひとつの課題に対して自分自身の理解度を把握し、間違った認識なども修正しながらステップアップできます。

充実した副教材

チャイルドコーチングアドバイザー講座の副教材は、コーチとして目指すスキルレベルを自分自身で明確化できるだけでなく、テクニックを磨くためのトレーニング用の資料も充実しています。

リズ
リズ

実践の場でコーチングを行う時には、いろいろなシチュエーションに合わせた応用力のあるアプローチが必要です。

主教材でアドバイザーとしても基本的な知識とテクニックを身に付けた後は、副教材でより実践的なノウハウを取得できます。

学習のカリキュラムは?

チャイルドコーチングアドバイザーの学習カリキュラムは、コーチングの理論や基本的な技術から応用、段階的に勉強することができるので初心者でも安心して受講することができます。

コーチングを知る

リズ
リズ

最初の1カ月では、コーチングとは何かという基本的な概論から、子供の話の聞き方や声掛けの仕方など基本的なコーチングスキルを学べます。

コーチングアドバイザーとして、どんな行動をするべきかを理解し、自分自身が子供の良い所を見つけて伸ばすための視点を身に付けることも可能です。

子供を信じて接することができると、信頼関係も築きやすくなるので基本の学習は、アドバイザーとしての取り組みのために重要なカリキュラムになります。

応用力をつける

子供に毎日自主的に宿題に取り組んで欲しい、授業に前向きに参加させたいなど、ひとり一人の子供によって達成してもらいたい目標は異なります。

リズ
リズ

目標達成のために必要な提案の伝え方や、途中段階でのフィードバックなど子供をサポートするためには実践的なスキルが必要です。

2カ月目のチャイルドコーチングアドバイザーの応用講座では、子供の課題を解決するため、夢を叶えるために必要なアプローチをプロセス毎に学べます。

具体的なコツを掴む

リズ
リズ

未来への夢や希望を持ち自分で考えて行動できるようになるために、チャイルドコーチングアドバイザーでは、より実践的なテクニックを3カ月目に学びます。

自分に自信がない子ややる気がでない子など、それぞれの個性に合わせたサポート方法や、子供を委縮させたり、自分で考える力を阻害しないような言葉選びも理解できるようになります。

こんな人におすすめ!

チャイルドコーチングアドバイザーは、子供の成長をサポートするための知識を習得することができるので、教師や学習塾の講師、ピアノやバレエ、サッカーなど習い事のコーチなどにもおすすめの講座です。

リズ
リズ

また、子育てについての悩みを持っている小学校・中学校・高校生の子供を持っている両親も、ひとり一人の個性に合わせた接し方やしつけができるようになります。

チャイルドコーチングアドバイザーの資格を取得して、プロの講師として指導を行ったり、子供向けの教育講座などの営業を行う時にも活用したりできるようになります。

まとめ

チャイルドコーチングアドバイザーは、子供の心を肯定して物事に前向きに取り組めるようになるための接し方を学ぶことができます。

子供の心は敏感なため大人がかけた小さな言葉でも、傷ついたり委縮したりするため、子供への声の掛け方などに悩んでいる時は、信頼関係を築けるようになるチャイルドコーチングアドバイザーの講座がおすすめです。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「チャイルドコーチングアドバイザー」の通信講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました