介護福祉士の試験難易度と合格ラインは?また、試験の対策のポイントは?

介護福祉士は障害者や高齢者に適切な介護をしたり、介護者の相談に乗ってアドバイスをしたりするのが主な仕事になります。

リズ
リズ

介護福祉士は介護に関する国家資格として有名ですが、実際の試験難易度はどのくらいなのでしょうか?

介護福祉士の試験における合格ラインや試験の対策について詳しく解説します。

介護福祉士の国家試験の合格率は?

2019年は合格率70%越え

リズ
リズ

介護福祉士の試験は難しい試験として知られていますが、毎年の合格率は約60%程度です。

福祉や介護に関する職業は年々注目を集めているため、介護福祉士の受験者数も次第に増加しています。

受験者数の増加に伴い、合格率も少しずつ上昇し2019年は合格率が70%を越えました。

介護福祉士の合格ラインは?

リズ
リズ

介護福祉士の試験を合格するためには、筆記と実技の両方を合格する必要があります。

筆記テストの合格ラインは、125点満点中72点以上の得点が必要です。

さらに、11科目群において各項目最低1問は正解することも求められ、この2つの条件を満たすことで筆記テストを合格することができます。

次に実技テストですが、100点満点中46.67点以上の得点が必要です。

介護福祉士の国家試験の難易度は?

リズ
リズ

介護福祉士は介護の現場で専任者になることができる資格です。

また、介護福祉士は介護職についている人がスキルアップのために目指す資格でもあります。

そんな介護福祉士の筆記試験は、出題範囲が医学や法律、心理学などの分野に広く渡っているため難易度は高いと言えます。

試験のスタイルは選択式のみで、論述形式の問題は出ません。

そのため、選択式のテストに絞って勉強をするのが有効です。

出題傾向は最適なものを選ぶか、誤っているものを選ぶかなどの数種類のパターンがあります。

リズ
リズ

過去問を解くなど、試験のパターンに沿って適切なカリキュラムで試験勉強を行うのがおすすめです。

筆記試験での対策ポイントは?

過去問を繰り返し復習

リズ
リズ

問題の傾向を把握するためには過去問をなんども解くことが有効です。

過去3年の過去問を解けば問題のパターンを叩き込むことができますし、間違えた問題を復習していくことで得点をのばすことができます。

問題集選びは慎重に

リズ
リズ

介護福祉士の試験勉強のためには、最適な問題集を選ぶことも重要です。

問題集は重要ポイントが絞られているものや、解答の解説がわかりやすいものがおすすめです。

間違えた問題をやりなおす際に、解説がわかりにくいと復習に時間がかかってしまいます。

リズ
リズ

価格や問題数などよりも、どのように解説されているかを重視してください。

問題集は必ず新しいものを使用することもポイントです。

古いものだと、法改正による変更点に対応していない可能性があるので注意しましょう。

正解率が上がるコツ

介護福祉士は5つの選択肢の中から、正解を一つ選ぶ選択式です。

リズ
リズ

確率は5分の1ですから、落ち着いて考えることが大切です。

問題の傾向として「絶対に」や「決して」など言い切った表現がある選択肢は間違っている場合が少なくありません。

また、マークシート形式の試験に慣れておくことも正解率をあげるために有効です。

実技試験での対策ポイントは?

練習を繰り返す

実技本番のテストで緊張しないように、練習を繰り返すことが大切です。

リズ
リズ

例えば、友人や家族に頼んで患者の扱い方の練習をするのが良いでしょう。

練習の際には、声かけのタイミングや力加減などが最適なのかチェックしながら行うようにすると効果的です。

元気よく振る舞う

明るくハキハキした印象をテストの試験官に与えることも大切です。

リズ
リズ

ただ元気が良いだけではなく、丁寧な動作を行うことにも注意しましょう。

声の大きさも利用者に合わせて調節するのがベストです。

騒がしいのが苦手な利用者や耳の遠い利用者がいますので、適切な声の大きさや話すスピードになるように調節しましょう。

実技試験を想定した練習をする

リズ
リズ

実技試験を想定して、テストの流れを意識した練習をしましょう。

スムーズにテストを開始できるように、反復練習をしておくのがおすすめです。

声かけが不自然にならないように、声かけもしながら練習しましょう。

試験当日は服装に気を付ける

リズ
リズ

試験当日の服装に規定はありませんが、生活感のあるシンプルな服装を心がけましょう。

避けたほうが良い服装は、派手なものや動きが制限されるようなものです。

また、アクセサリーは利用者にひっかけるなどをしてケガをおわせる危険性があるため、身につけてはいけません。

必ずアクセサリーは外して試験に臨みましょう。

通信・通学講座の選び方は?

サポート体制がしっかりしているか?

リズ
リズ

介護福祉士の試験対策は、十分な対策をとれる通信・通学講座がおすすめです。

そして、試験を確実に合格するためには、どの通信・通学講座を受けるか厳選することが大切です。

通信・通学講座を選ぶポイントは、まずサポート体制がしっかりとしている講座であるかどうかを確認しましょう。

リズ
リズ

通信講座は自宅での学習が中心となるため、講座を最後までやり遂げるためのサポートがあると安心です。

具体的にはわからない箇所などの質問に対応してくれるかどうか、スマホやタブレットでの学習が可能かどうかもチェックしましょう。

使用しているテキストはどうか?

リズ
リズ

さらに、取り扱っているテキストがどのようなものかということも通信・通学講座のチェックポイントとして大切です。

介護福祉士の試験勉強は自分での学習が中心のため、テキストのわかりやすさが重要になってきます。

実際の試験に沿った適切な問題が使用されているか、復習がしやすいかという点もチェックしてください。

リズ
リズ

テキストの質が良ければ、それだけでも試験の合格率がグッと上がるでしょう。

実績のある通信・通学講座であれば、多くのデータを保有しているので厳選されたテキストを使用していることが期待できます。

動画の視聴サービスはあるか?

リズ
リズ

また、試験勉強は仕事をしたり育児をしたりしながらする方もいるでしょう。

そのため、隙間時間でも有効な学習ができるように、動画などを取り入れたカリキュラムがあると理解度も深めることができるのでおすすめです。

特に動画を見ることで介助をするときの動作の流れや、力を入れるタイミングなどが分かりやすいです。

リズ
リズ

動画を視聴することで効率よく復習することができますし、スマホがあればどこでも視聴できるので時間も無駄にしません。

通信・通学講座は数多くあるので、資料請求して比較するとわかりやすいです。

介護福祉士の試験は万全の対策が大切!

 

リズ
リズ

介護福祉士の試験は、国家試験の中でも合格率は決して低くはありません。

2019年は合格率が70%を越えましたので、しっかりとした試験対策を行うことで合格を狙うことができる試験です。

筆記テストと実技テストの二つがあるので、どちらもバランスよく勉強することが求められます。

なお、試験勉強のための学習を効率的に進めるためには通信・通学講座を利用するのがおすすめです。

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座の総合サイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

リズ
リズ

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「介護福祉士」の試験対策講座を資料請求する(無料)

リズ

初めまして。
運営者のリズです。
当サイトは、一人でも多くの人に資格の『勉強方法』『取得方法』に関する情報を提供できればと思い立ち上げました。
少しでも皆様のお役に立てるように頑張ります。

介護福祉士
リズの資格生活
タイトルとURLをコピーしました