社会人や主婦が保育士になるには?資格の条件・勉強方法・試験情報を解説

リズ
リズ

子どもと関われることから、保育士はとても人気の高い職業です。

しかし社会人や主婦の方の中には、時間や金銭的な理由から保育士を目指すことをためらっている方もいるのではないでしょうか。

保育士は国家資格ですが年齢制限はなく、必ず大学や専門学校を卒業する必要もありません。

では保育士になるにはどうすればよいのでしょうか?

リズ
リズ

ここでは保育士資格の条件・勉強方法・試験情報を解説していきます。

記事内のイラスト画像はBrushUP学びより引用

↓保育士の試験対策講座↓

無料の資料請求はこちら

保育士の資格を取得するには?

保育士資格を取得する方法は2つに分かれています。

1つ目は厚生労働省が認めた保育士養成課程のある大学や短大、専門学校などを卒業する方法、2つ目は保育士資格試験に合格する方法です。

短大や大学に入学する方法

リズ
リズ

学校を卒業する方法では、試験を受けることなく保育士資格を取得することが可能です。

また、学校によっては「幼稚園教諭」や「小学校教諭」といった他の教育に関する資格を同時取得することもできます。

しかし、保育士を育成する学校の多くは全日制であり、大学の場合は4年間通わなくてはならないため、社会人や主婦で保育士を目指す人にとってはハードルが高い方法といえるでしょう。

また入学金や授業料、テキスト代、交通費などの様々な費用がかかってきます。

そのため、短大や大学を卒業して保育士になる方法は、時間と金銭的に余裕のある人に適した方法となっています。

保育士試験に合格する方法

社会人や主婦の方で学校に通って保育士資格を取得することが難しい場合は、保育士資格試験に合格することで保育士になることができます。

リズ
リズ

その場合、試験に合格するため通信講座などで勉強していくことになります。

社会人・主婦の方が保育士試験に合格するには、モチベーションを維持し効率よく勉強することが合格のカギとなるでしょう。

保育士試験は筆記試験と実技試験があり、例年の合格率は1~2割程度でしっかりとした対策が必要だからです。

勉強を続けるためにはモチベーションを保たなくてはなりませんし、忙しい社会人・主婦の方はいかに効率よく全ての科目を勉強していくか考えなくてはなりません。

リズ
リズ

そのためには自分に合った勉強方法で試験対策を進めていく必要があります。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
保育士の試験対策講座を資料請求する(無料)

 

社会人・主婦におすすめの勉強方法は?

社会人・主婦の方は学校に通って勉強することが難しいため、独学か通信講座での試験対策となることがほとんどでしょう。

独学と通信講座の違い

リズ
リズ

独学はテキスト代のみで済むため、コストを抑えることができることが大きなメリットです。

しかし分からないことがあった場合も質問できませんし、学習計画やモチベーションの維持も大きな課題となってきます。

リズ
リズ

一方、通信講座はそれらの課題を克服することができます。

受講料がかかってしまうものの、合格へ向けた様々なサポートを受けることができるからです。

特に、子どもとは関係のない分野で社会人として働いている方や、これまでに幼児教育を学んだことのない主婦の方にとって保育士試験の内容はとても専門的な分野といえます。

勉強していく中で分からないことや疑問が出てくることは当然ですが、それをしっかりと質問し、理解を深めていくことが重要です。

そのため質問ができる通信講座は社会人・主婦の方に向いています。

社会人や主婦の人は通信講座がおすすめ

リズ
リズ

また、モチベーションの維持という面でも通信講座は大きなサポートとなります。

試験勉強は基本的に一人で行うものですが、特に時間的余裕の少ない社会人・主婦の方はその忙しさから特にモチベーションの維持が難しいといえます。

通信教育ではその道のプロが受験までのカリキュラムを組んでくれるため、どの時期に何を勉強しなくてはならないか示してもらうことができます。

リズ
リズ

そのため今しなくてはならないことが分かり、モチベーションの維持につながります。

通信講座がおすすめな理由

効率よく学習できる

社会人や主婦の方はまとまった試験勉強時間を作ることが難しいため、効率よく勉強することが重要となってきます。

リズ
リズ

そのため前述したとおり、時間の融通が利き、効率よく勉強できる通信講座がおすすめです。

受講費用はかかってしまいますが、効率よく学習できることを考えるとコストパフォーマンスが高いといえます。

仕事や家事を抱える忙しい日々の中でも、通信講座でモチベーションを維持できることも大きなメリットです。

試験対策に特化した教材

リズ
リズ

更に通信講座では質の良い教材で勉強することができます。

最近ではパソコンやスマホを使用し、マルチメディア教材を利用した通信講座も多く提供されています。

動画や音声、テキストなどによって、通信講座はより理解しやすい勉強方法となっています。

短い時間でも学習可能

また、スマホやタブレットといった身近な端末で勉強ができるため、通勤や家事の合間といった短い時間も勉強に充てることができます。

社会人や主婦の忙しい方にとって、こうした隙間時間を活用することは試験合格を目指すうえで大切です。

リズ
リズ

そのため、社会人や主婦の方は通信講座を利用した学習がおすすめです。

保育士試験について

保育士試験は、保育所などで働くことができる「保育士」の資格を取得できる国家試験です。

リズ
リズ

試験は筆記試験と実技試験があり、年2回実施されています。

全科目6割以上の点を取らなければ合格とはなりません。

受験資格について

保育士試験では、学歴や実務経験によって受験資格が与えられます。

リズ
リズ

内容をまとめると以下の通りです。

【大学・短期大学】
1.大学・短期大学卒業者
2.大学在学中または中退
4年制大学に在学し、62単位修得済み又は習得見込みがある方。
大学中退者は2年以上在学、62単位修得済みの方。
3.短期大学在学中または中退
短期大学在学中で卒業見込みがある方。
中退の場合は、保育士試験事務センターまで問合せを。
【4年制大学通信課程】
「大学通信教育設置基準」を満たす通信教育の課程は4年制大学通学課程と同様です。
【専門学校】
1.修業年限2年以上の専門課程を卒業している方、または在学中で卒業見込みがある方
2.平成3年3月31日以前に修業年限3年以上の高等課程を卒業している方
【中学・高等学校】
1.平成3年3月31日以前に高等学校を卒業している方
※平成3年4月1日から受験資格が短期大学卒業程度に引き上げられた事による経過措置によります。
2.平成8年3月31日以前に保育科高等学校を卒業している方
3.高校卒業後(同等の資格を有する方含む)、児童福祉施設において2年以上勤務かつ勤務時間数が2880時間以上を受験申請時点で満たしている方
4.中学卒業後、児童福祉施設において5年以上勤務かつ勤務時間数が7200時間以上を受験申請時点で満たしている方

試験の内容について

筆記試験は保育・教育原理社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉、保育心理学、子の保健、食と栄養、保育実習理論の8科目。

そして実技試験は、音楽表現の技術や造形表現についての技術言語表現の技術の中から2つを選択できます。

リズ
リズ

子どもと関わる大切な仕事であるため、教育だけでなく心理学や保険・栄養など様々な内容が含まれています。

簡単な試験ではありませんが、例え1度の試験で全ての科目を合格できなくても、3年の期限内であれば不合格科目のみ再挑戦することが可能です。

資格取得までのスケジュール

保育士試験は合格した科目が3年間有効です。

リズ
リズ

そのため、1年で全ての科目合格を目指すだけでなく、2年かけて合格を目指すことも可能です。

1年で合格したい場合は、8月に筆記試験10月に実技試験を受験することで保育士資格を取得できます。

2年で合格を目指す場合は、1年目8月に筆記試験、2年目の8月に再度筆記試験、2年目の10月に実技試験というスケジュールを組むこともできます。

社会人・主婦からでも保育士を目指せる

これまで保育士の保育士資格の条件・勉強方法・試験情報をご紹介してきました。

リズ
リズ

保育士は人気の職業ですが資格試験は合格率1~2割の国家資格です。

しかし、忙しい社会人や主婦であってもしっかりと試験対策を行うことで保育士を目指すことは十分可能です。

社会人・主婦で「保育士になりたい!」という方は、ぜひ保育士資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ 申し込みをする前に!
保育士の試験対策講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました