家電アドバイザーの資格って?講座の内容・メリット・試験など紹介

リズ
リズ

家電の機能は進化し続けており、ライフスタイルに合わせた家電で生活をより豊かにできます。

家電の専門的な知識を身につけていることを証明できる家電アドバイザーの資格は、仕事はもちろん毎日の生活にも役立てることが可能です。

今回は、ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座の内容やメリット、試験などについて詳しくご紹介します。

SNSフォローボタン
\フォローする/

家電の知識の必要性は?

リズ
リズ

家電は毎日の生活になくてはならないものであり、その技術は進歩し続けています。

そのため、進化する家電の機能を使いこなし利便性を高めるために、消費者はニーズに合わせた家電の選択に役立つアドバイスを求めています。

家電アドバイザーの資格を取得すると消費者の要望を満たす知識を身につけられるため、家電関連の仕事の幅を広げるパスポートとなるでしょう。

家電アドバイザーとは?

リズ
リズ

家電アドバイザーとは、機能や使い方、価値などのアドバイスが適切にできる家電のプロフェッショナルです。

家電アドバイザーの資格を取得すると、家電の基礎知識はもちろん、接客の技術や家電にまつわる法規も習得できるため、家電関連の仕事に活かせます。

また、職業にはしなくても、周りの人が便利で快適な暮らしを送れるよう家電選びのサポートや効果的な使い方のアドバイスをしてあげることも可能です。

家電アドバイザー資格取得講座

資格・講座名受講+試験
金額(税込)
試験のみ
金額(税込)
家電アドバイザー49,500円11,000円

ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座は、質の高い教材を使い自分のペースで学習できるのが特徴です。

ネット環境が整っていなくても学習できるので、家事や育児の隙間時間、仕事の休憩時間など、いつでも好きな時に学習できます。

教材について

リズ
リズ

教材は、ラーキャリのオリジナルテキストで、図やイラストが多く使われ初心者でもわかりやすい作りになっています。

テキストや問題集には紙が使用され直接書き込めるようになっているので、内容が頭に入りやすいのも特徴です。

向いている人は?

リズ
リズ

ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座に向いている人は、家電に興味がある人です。

また、家電に関する専門的な知識が身につけられるので、家電関連の仕事に就きたい人にも適しています。

そして、家電の知識とともに接客についても学べるので、接客業の人がスキルアップで修得するのもおすすめです。

学習のカリキュラムは?

ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座のカリキュラムは、3つのパートに分かれています。

では、それぞれのパートを詳しく解説しましょう。

家電の基礎知識を学ぶ

リズ
リズ

家電の基礎知識のパートでは、身近な家電の仕組みや使い方、禁止事項などの基礎知識のほか、CS(顧客満足)について学びます。

消費者のニーズに合わせ、家電について的確に説明するための専門知識が身につけられるでしょう。

家電販売の接客を学ぶ

リズ
リズ

家電販売の接客のパートでは、身だしなみや話し方などの接客の基本やアプローチ技術などを学びます。

また、世代に合わせてどのように声をかければよいのか、消費者のニーズを引き出すにはどのようにトークを展開すれば良いのかなど、実践的な接客技術が習得できます。

家電の販売はもちろん、あらゆる接客に活かせるスキルが身につけられるのです。

家電に対する法規を知る

リズ
リズ

このパートでは、製造物責任法(PL法)や電気用品安全法、家庭用品品質表示法など消費者の保護や製品の安全のための法律全般を学びます。

法規を知ることで、家電を適切に運用できるようになります。

家電アドバイザーを取得するメリットは?

家電アドバイザーの資格を取得すると色々なメリットがありますが、その中でも代表的なものが次の4つになります。

合格後にスペシャリストとして活躍できる

リズ
リズ

資格を取得すると家電の専門知識や法規、接客などを修得したという証明になるため、家電のスペシャリストとして活躍することが可能です。

家電や接客のスキルを、キャリアアップに利用することもできるでしょう。

家電関係の仕事に活かせる

リズ
リズ

家電関連の仕事に就いている場合、会社によっては家電に関係する資格取得を指示されることもあります。

家電アドバイザーの資格は、家電関連の仕事に役立つ資格であるため、会社の求める条件を満たすことができるでしょう。

接客のスキルアップになる

リズ
リズ

家電アドバイザーの資格で習得できる接客技術は、家電販売でのみ通用するものではありません。

あらゆる接客業に活用できる接客スキルなので、アパレルや食品など家電以外の接客のスキルアップにもなります。

家電アドバイザーの資格を取得することで、接客業への道が開けることもあるでしょう。

家電の専門家になれる

リズ
リズ

家電アドバイザーの資格を取得することは、家電の専門家として認められたことになります。

家電の仕組みにも精通しているため、万が一家電にトラブルが発生した時も対処することができるでしょう。

仕事に活かせるのはもちろん、自分や家族、周囲の人の生活を豊かにすることもできるのです。

家電アドバイザーの試験は?

家電アドバイザーの試験は、一般的な資格試験とは受験方法などが少し異なります。

では、4つの特徴を見てみましょう。

試験は自宅でできる

リズ
リズ

家電アドバイザーの試験はわざわざ試験会場に足を運ぶ必要はなく、自宅やカフェなど、好きな時間に好きな場所で受けることが可能です。

子育て中であったり、仕事をしていたりして試験を受けに行く時間がない人でも気軽に受けることができます。

試験官に監視もされず、時間制限もないため、リラックスして挑むことができるでしょう。

合格後は認定証が2~3週間で届く

リズ
リズ

家電アドバイザー資格試験に合格すると、認定証が発行されます。

資格を取得したことを書類で証明できるので、就職活動に活用することが可能です。

合格後2週間から3週間と短期間で届くので、資格取得後すぐに職探しを始められるでしょう。

試験のみで挑戦も可能

リズ
リズ

家電に関する知識や接客のスキルに自信がある人は、講座を受講せずに試験のみを受けることも可能です。

試験のみのコースを申込むと試験問題が自宅に郵送されるので、解答して送り返します。

合否の通知はメールで届くので、電話で問い合わせるなどの手間もかかりません。

また、万が一不合格であった場合も、再受験料を支払うと再試験を受けることができます。

学習期間の制限はなし

リズ
リズ

通信講座は一般的に、受講開始から半年以内、1年以内など学習期間が制限されています。

ですが、ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座は、学習期間に制限はなく自分の好きなタイミングで試験を受けることができます。

短期集中であったり、時間をかけてじっくり知識を蓄積したり、自分のペースで学習できるのが特徴です。

まとめ

リズ
リズ

現代人は家電に囲まれて生活しているため、家電の専門知識を身につけるのは大きなメリットです。

そのうえ、家電アドバイザーの資格は、家電の知識だけでなく接客スキルも身につくため、キャリアアップに活かすこともできます。

家電に興味があったり、接客業でキャリアアップを目指していたりする人は、ラーキャリの講座で家電アドバイザーの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

公式サイト
>>『家電アドバイザー』の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました