介護予防健康アドバイザーって?特徴・おすすめな人・役立つ場面は?

要介護者に適切な介護を行うことは重要ですが、高齢化社会において要介護者が増える一方では、介護スタッフの供給も追いつきません。

そこで、要介護にならないために必要な運動について、助言や指導をすることができる人材が求められています。

リズ
リズ

このような人材として、介護予防健康アドバイザーという資格に注目が集まっています。

SNSフォローボタン
\フォローする/

介護予防健康アドバイザーって?

スクール名金額
(税込)
学習期間
ユーキャン29,000円3ヶ月

高齢化で介護の重要性が高まっている

日本は高齢化が進み、2025年になると国民の3人に1人を高齢者が占め、要介護者が604万人になるだろうと言われています。

そこで、高齢者が増えても、要介護者を少しでも増やさない工夫が必要となります。

リズ
リズ

そのために、介護の予防という考え方が重視されるようになりました。

介護予防に運動が必要

リズ
リズ

介護を予防するためには、運動が欠かせません。

介護が必要になる原因として、認知症や脳卒中が知られていますが、実は運動器疾患も介護の原因の1つとして大きな割合を占めているのです。

運動器とは、骨・筋肉・関節などを指します。

運動器は、運動することにより機能を維持することができます。

リズ
リズ

高齢者であっても、年齢に応じた適度な運動をすれば運動器の衰えを防止することが可能なのです。

中高齢者の健康を支える存在

運動をすれば介護を予防できるとは言っても、過度の運動をすれば身体に有害となるでしょう。

リズ
リズ

でも、どの程度なら適度な運動なのか、素人に判断することは容易ではありません。

介護予防健康アドバイザーは、中高齢者が年齢に適した運動をできるように、運動前のストレッチや準備体操から運動後のクールダウンまで、適切な助言をすることができます。

実践的な運動指導も行う

リズ
リズ

介護予防健康アドバイザーは、個人の身体の状況に応じて実施するエクササイズを指導することもできます。

実践指導で重要なポイントを習得し、健康維持に必要な運動の指導者として、介護予防に貢献することができるでしょう。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「介護予防健康アドバイザー」の講座を資料請求する(無料)

 

介護予防健康アドバイザーの講座の特徴は?

ポイントがつかみやすいDVD教材付き

介護予防に役立つエクササイズについて、テキストだけでなくDVD教材を使って身体の動かし方を学ぶことができます。

リズ
リズ

DVDを視聴することにより、エクササイズのリズムやテンポがつかみやすくなるでしょう。

DVDは何回も繰り返して視聴できるので、重要なポイントや分かりにくい部分をリピートして学習することが可能です。

指導者育成のプロが監修

リズ
リズ

運動指導者を育成するNESTA JAPANのシニアフィットネストレーナーなどが、本教材を監修しています。

指導者育成の専門家が監修しているので、介護予防に関する基礎知識だけでなく、実践的な運動指導に欠かせないスキルを学べます。

学習から試験までマイペースに進められる

仕事や家事・育児に忙しい毎日を送る人でも、通勤時間や休憩時間などのすき間時間を利用して学習することができます。

リズ
リズ

試験も自宅で受験できるので、負担が小さく誰でも簡単に取得できる資格と言えるでしょう。

充実のサポート体制

リズ
リズ

学習過程でわからない箇所があれば、メールで指導員に質問できます。

ただし、質問回数には制限がある場合もあるので、厳選した質問をメールするようにしましょう。

全2回の添削指導と1回の最終課題では、詳しい解説とともに弱点克服のアドバイスももらえます。

添削課題の提出と復習により、運動指導に関する知識の定着を図ることができるでしょう。

介護予防健康アドバイザーがおすすめな人は?

介護・福祉の業界で活躍している人

リズ
リズ

介護現場では、積極的に要介護者の運動を導入している所が少なくありません。

しかし、その一方で現場からは介護サービス利用者の身体を傷めないか心配する声も上がっています。

科学的な根拠に基づかない運動指導をしていたら、怪我の原因にもなるかもしれません。

こうした不安を払拭する上でも、本講座で運動の効果や安全面の注意点などを学ぶことは重要だと言えるでしょう。

中高齢の方が家族にいる人

介護の仕事と無縁であったとしても、家族に要介護になりそうな高齢者がいる場合、適度な運動をさせて介護予防をしたいと考えることはあるでしょう。

高齢になって身体を動かす機会が減ると、運動器が弱体化するリスクが高まることは否定できません。

リズ
リズ

そこで、こうした高齢者の家族のために、介護予防健康アドバイザーの資格を取得して安全な運動指導のスキルを身につけることは重要だと言えます。

介護予防を意識している人

高齢になると、年齢に応じた運動量の判断が難しくなってきます。

リズ
リズ

一言で適度な運動と言っても、個々の身体の状況や年齢によって、微妙に内容が異なるからです。

本講座を受講すれば、年齢を重ねるにつれて衰える筋力に応じて必要な運動量を判断し、適切なエクササイズをアドバイスすることができるようになります。

ボランティアに興味がある人

社会貢献のためボランティアに参加してみたいが、何をしたらよいのかわからないという人にも、介護予防健康アドバイザーの講座がおすすめです。

リズ
リズ

高齢化社会では、どの地域でも介護予防が喫緊の課題であり、介護予防健康アドバイザーの有資格者は重宝されるでしょう。

介護予防健康アドバイザーで役に立つ場面は?

介護現場で

リズ
リズ

介護の現場では、介護予防策として運動を積極的に取り入れていることが珍しくありません。

しかし、現場のスタッフは、適切な運動指導が行われているのか不安を抱えていることも多いと言えるでしょう。

このような介護施設で、介護予防健康アドバイザーは正しい運動方法と効果や注意点についてアドバイスを行うことができます。

ユーキャンで学んだ介護予防健康アドバイザーなら、個々の利用者に適した運動プログラムの作成も行うことが可能です。

家族に

自分の家族に健康であって欲しいと願いつつ、適切な運動指導に自信が無くて悩んでいる人も、介護予防健康アドバイザーが持つ知識やスキルがあれば、高齢者の家族に対して無理のない運動支援をすることができます。

リズ
リズ

ユーキャンで介護予防健康アドバイザーの講座を受講することにより、安全で効率的な運動指導を行うことができるようになるのです。

具体的には、正しいウォーキングの姿勢を指導し、膝や腰の痛みを予防し改善するエクササイズも習得できるでしょう。

外出先で

リズ
リズ

高齢者がたまに外出すると、思うように歩けず体力の衰えに愕然とすることがあるでしょう。

知らず知らずのうちに持久力や筋力が衰えて、外出した際に初めて気づくことがあるのです。

外出しても体力の衰えを感じることなく楽しめるように、介護予防健康アドバイザーは日ごろから自宅で簡単にできるエクササイズを指導することができます。

外出先で元気に過ごせるように、できるだけ早い時期からエクササイズを始めるよう指導することが重要です。

短期間で学べる

リズ
リズ

介護予防健康アドバイザーという資格は、受験する上で特別な経験や資格が必要ありません。

学習内容も、医療・介護の予備知識が無くても馴染みやすいものばかりなので、3ヵ月で資格を取得することが可能です。

学問的知識だけでなく、身体を動かすエクササイズも習得できるので、あらゆる現場で実効性のある指導を行うことができるでしょう。

介護予防健康アドバイザーの教材やテキストは?

運動の知識・スキルが身につくテキスト

リズ
リズ

メインとなるテキストは2冊だけで、詳細な解説に加えて写真やイラストが散りばめられ初心者も見やすくなっています。

テキストは知識編と実践編があり、知識編では運動・栄養の基礎的教養から介護予防に関連する疾患やリスクマネジメントなどにわたる介護予防の基礎知識を学習します。

実践編では、介護予防に必要なエクササイズを身につけることができます。

実践で役に立つスキルを学ぶため、イラストや写真がふんだんに使われ、イメージしやすい工夫がされています。

サポートしてくれる副教材

テキスト以外にも、

  • DVD
  • 早わかり筋肉マップ
  • 毎日いきいき運動ポスター

などの副教材が付いています。

DVDでは、「予防・改善エクササイズ集」という特集があり、高齢者に多い肩こりや腰痛などの症状が改善されるエクササイズを視聴することができます。

リズ
リズ

「早わかり筋肉マップ」は、エクササイズを行う上で意識すべき筋肉の位置を示しています。

このマップを見れば、どの筋肉を動かすと効果的にエクササイズができるか明らかになっているのです。

「毎日いきいき運動ポスター」には、1週間分のエクササイズのメニューが記されています。

リズ
リズ

毎日の運動に必要なエクササイズを身につけるために、このポスター掲示が役に立つでしょう。

最後に

要介護者が増えつつある高齢化社会において、要介護者の増加をおさえることができる介護予防健康アドバイザーが果たす役割は大きいです。

リズ
リズ

様々な場面で活躍できる介護予防健康アドバイザーの資格を取得して、社会に貢献しましょう。

ユーキャンなら、短期間に効率的な学習をして介護予防健康アドバイザーの資格を取得することができます。

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座の総合サイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

リズ
リズ

講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「介護予防健康アドバイザー」の講座を資料請求する(無料)

関連の介護・福祉資格
>>「介護福祉士」の試験対策講座を資料請求する(無料)

>>「介護職員初任者研修」の講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました