介護食プランナーの資格って?講座の内容・教材・メリット・試験など紹介

リズ
リズ

身近に高齢者や介護食を必要とする方がいる場合、介護食プランナーの資格に興味を持つ機会もあるかもしれません。

また、料理が好きで人のためにその能力を役立てたいという方もいるでしょう。

今回の記事では、講座の内容や、どういった教材を使って勉強を進めていくのか、取得することのメリットなど、介護食プランナーの資格について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
\フォローする/

介護食って?

リズ
リズ

人は誰でも年齢を重ねていくと、食べ物を噛んだり飲み込んだりする力が少しずつ衰えていくものです。

それに対する工夫をしなければ、食べにくいだけではなく、誤嚥などの危険性も出てきてしまいます。

口腔機能が衰えるだけではなく、様々な理由によって要介護の状態になってしまうと、生活の中で楽しいと思えることが少なくなってしまうのです。

そのため、介護を必要とする方々の食べることの楽しさまで奪ってしまわないように、しっかりとした知識を持った専門家が関わっていくことが大切になります。

リズ
リズ

介護食は、ただ食べることの出来る食事のことを指しているのではありません。

食べたくなる食事というのが介護食と言われていて、味や見た目にこだわっているものもあり、高齢者が利用している施設では、食事の時間が楽しめるように考えられている場所も増えています。

介護を必要とする方々が満足の出来る食生活を送れるようサポートするのが介護食プランナーです。

日々美味しいと思える食事を摂りながら過ごすことは、生きていく上で大切なパワーにもなります。

介護食プランナーの資格って?

資格・講座名受講+試験
金額(税込)
試験のみ
金額(税込)
介護食プランナー49,500円11,000円
リズ
リズ

介護食プランナーは、介護食をはじめ高齢者に関する様々な知識を身に着けることが出来る資格です。

また、介護食を必要とする方の症状に合わせたメニューの作り方や、食べさせる時のポイントなども学べます。

日本は超高齢化社会になり介護食を必要とする方も増えているため、介護食プランナーという資格の需要もどんどん増えていくでしょう。

公式サイト
>>『介護食プランナー』の公式サイトはこちら

 

教材・テキストについて

写真や図解で見やすい教材

リズ
リズ

勉強で使用するテキストは、ラーキャリのオリジナル教材です。

勉強というと苦手意識を持ってしまい億劫に感じる方もいるかもしれませんが、このテキストには文字だけではなくイラストや図なども所々に入っています。

視覚的にも理解しやすい作りになっているので安心ですよ。

このように初心者の方でも分かりやすく学べる工夫がされている教材なので、勉強もコツコツ続けていけるでしょう。

食材別の調理法も掲載

リズ
リズ

介護食を作る時は、使われている食材によって下ごしらえの注意点や、調理方法の要点が変わってきます。

噛む力が弱くなっている方でも食べやすい調理方法なども書かれているため、資格取得後は様々な状況に対応できるでしょう。

同じ食材を使っていたとしても、人によって調理方法を変えたりする必要も出てくるかもしれないので、色々な調理方法を学ぶことは自分の力にもなりますね。

また、介護食だけに学んだ知識を生かすだけではなく、プライベートでも料理の幅が広がり食生活が豊かになるのも嬉しいポイントです。

学習のカリキュラムは?

高齢者の体について学ぶ

リズ
リズ

高齢になってくると、だんだんと免疫力が低下していったり、身体機能が衰えてしまったりしますよね。

介護食に対する理解を深めるためには、介護食だけを学ぶのではなく、高齢者の体についてもきちんと学んでいくことが大切です。

五感がどのように変わっていくのかということや、高齢者の排便状況についても知っておくと、より深く介護食を知ることが出来るようになります。

家族や親戚など、自分の身近にいる高齢者と接する時のためにも、高齢者の特徴を詳しく学んでいきましょう。

介護食や栄養の基礎を学ぶ

リズ
リズ

介護食は食べやすいように、食べたいと思えるように作ることは大切ですが、栄養の知識を持って作るということも大変重要です。

口腔機能が低下している状態だと、普通の食事では必要な栄養を取り入れることが出来なくなってしまいますよね。

そのため、それぞれの体の状態に合わせた介護食を作っていかなければなりません。

また、その人に合わせた食べさせ方のコツや注意点なども学んでいきましょう。

向いている人は?

リズ
リズ

介護食プランナーは次のような人に向いている資格です。

こんな人におすすめ!

・料理が好きな人

・健康を気遣った食生活を送りたい人

・介護の現場で働きたい人

この資格を取ることで、高齢者の方への関わり方や、介護食の作り方、食べさせ方など様々な知識を得ることができます。

もちろん料理をしたことがなくても、興味を持ってやってみたいという気持ちがあることが大切です。

自分が興味のある分野を学ぶことで、資格取得のための勉強にもより身が入るでしょう。

取得するメリットは?

試験合格後に活躍可能!

リズ
リズ

介護の初歩から介護食の作り方など詳しい知識まで身に着けているため、合格してからすぐにその資格を活かすことができます。

高齢者への接し方など、介護食を必要とする方への理解も深まっていることで、プランナーとしての需要も高いでしょう。

高齢者の求めていることが分かる

リズ
リズ

高齢者の体にどんな変化があらわれるのかということが分かるようになるため、それに対するケアも実践できるようになります。

介護食を作る時も、食べさせる時も、高齢者への深い理解があることでより楽しく、よりスムーズな食事の援助が可能になるでしょう。

栄養を意識した食事を作れる

リズ
リズ

食事の中に栄養を取り入れるための知識や調理方法などを学ぶため、栄養バランスが整った食事を作れるようになります。

高齢者が必要な栄養素や水分量、安全に食べられる食事の作り方などが分かっているため、福祉関係の職場でも一目置かれる存在になれるでしょう。

また、プライベートで食事を作る時も知識を生かせるため、自分や家族の健康づくりにも役立てることができます。

福祉・介護業界で活かせる

リズ
リズ

福祉や介護業界などに興味のある方は、就職先を見つける時に介護食プランナーの資格を活かして自分のことをアピールできます。

介護食に対する熱い思いを伝え、介護食の食べさせ方や口腔ケアなどの知識がしっかり身についているということが分かれば、即戦力として重宝される可能性もありますよ。

まとめ

リズ
リズ

介護食についての興味があれば、介護食プランナーの資格も楽しく学びながら取得できるのではないでしょうか。

栄養や高齢者の体について学んだり、様々な調理方法を身に着けることもできるため、仕事はもちろんプライベートでも役立てることができる資格です。

教材も分かりやすいものが使われているため、自分のペースで続けられるでしょう。

公式サイト
>>『介護食プランナー』の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました