家庭料理スペシャリストとは?講座の特徴・おすすめな人など紹介!

リズ
リズ

どれだけ豪華な料理でも、家庭料理に勝るものはないと言われています。

忙しい時も冷蔵庫にある食材を使ってテキパキと料理が作れるようになれば、自分にも自信がつくのではないでしょうか。

この記事ではキャリカレの家庭料理スペシャリスト講座について、特徴や学習のカリキュラム、受講がおすすめの人などについて紹介していきます。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン
\フォローする/

家庭料理スペシャリストって?

資格・講座名費用(税込)学習期間
家庭料理スペシャリスト39,600円4ヶ月
リズ
リズ

家庭料理スペシャリストとは、家庭料理を作る上で必要な知識を万遍なく取得した料理のプロです。

野菜の切り方や調味料の「さしすせそ」など料理の基礎となるものや、栄養を考えた献立作りが出来るよう栄養学についても学びます。

料理が苦手でつい外食やテイクアウトに頼りがちな人も、体と栄養の関係や食品の安全性について深く知っていけば家庭料理の大切さを実感できるでしょう。

また講座の中で様々なメニューに挑戦していく事も出来るため、料理への自信にも繋がるのです。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「家庭料理スペシャリスト資格取得講座」を資料請求する(無料)

 

学習するメリットは?

家庭料理スペシャリスト講座を学習する事でどのようなメリットがあるのでしょうか?

料理の腕が上がる

リズ
リズ

料理に関する知識を基本からしっかり学んでいくため、料理の腕が着実に上がります。

野菜の切り方一つにしても料理に合った切り方があり、メニューに応じた具材を準備出来るようになれば、見た目も味も良くなるのです。

また、どの食材を組み合わせると栄養バランスが良くなるのかを踏まえて献立を考えられるようになります。

低カロリー食や塩分控え目メニューなど健康を意識した料理もお手の物ですよ。

レパートリーが増える

リズ
リズ

家庭料理の定番メニューを簡単に作れるようにもなります。

また基礎を身に付けておくと、少々のアレンジも難しくありません。

豚肉のレシピを鶏肉に変えたり、加える野菜の種類を増やしたりするだけでも、また違ったメニューになります。

料理のレパートリーが増えれば毎日の献立に悩むことも無くなり、家族にも喜ばれるでしょう。

食関連の仕事に役立つ

リズ
リズ

食関連の知識は様々な仕事に役立ちます。

料理教室の講師をはじめ、管理栄養士やレストランの調理担当など食にまつわる仕事は色々ありますが、例えば料理教室の講師なら生徒により深い、新たな知識を教えることが可能です。

また管理栄養士であれば、栄養素を壊さないためにはどんな調理法が良いのか等を考え直すきっかけとなり、より栄養価の高い食事を提供できるようになります。

食事は健康維持のために大切なものであるため、食にまつわる豊富な知識は家庭のみならずビジネスの場でも重宝されるのです。

料理教室を開ける

リズ
リズ

家庭料理のスペシャリストとして料理教室が開けるのもメリットの一つです。

講座で身に付けた知識やノウハウは自信に繋がり、生徒から頼られる講師になれます。

また料理教室を開けば収入も得られるため、手に職をつけるという意味でも有意義な資格と言えるでしょう。

講座の特徴は?

家庭料理スペシャリスト講座はどのような特徴があるのでしょうか?

初心者でもわかりやすいテキスト

リズ
リズ

料理初心者からすると、市販のレシピ本を見てもよくわからない事があります。

そもそも野菜の切り方や火加減の調整など、基礎部分を知らなければ料理も上手くできません。

家庭料理スペシャリスト講座では、全くの料理初心者でも安心して学習が進められるよう、料理の基礎から取り上げています。

使用するテキストはイラストや図解を豊富に取り入れ、例えば「魚の見分け方」や「魚を美味しく焼く」コツなど、見た目にも楽しく、わかりやすい内容です。

また難しい専門用語も、理解しやすいようかみ砕いて解説しています。

コツが身につく映像教材

リズ
リズ

テキストとレシピを連動した映像講義は、料理のコツを身に付けられる教材です。

実際に講師が実演している映像を見ると、一つ一つの料理の行程が自然に頭に入っていきます。

テキストで学んだ内容が映像で再現されているため、テキストのみの学習法より着実にスキルが身につくでしょう。

レシピ集も付属

リズ
リズ

毎日の献立作りに重宝するレシピ集もついていて、和食をはじめ、洋食に中華、韓国料理、デザートなど、豊富な内容を取り揃えています。

一つ一つわかりやすく解説しているため、レシピ通りに作れば料理の失敗はありません。

定番メニューから少し凝ったおもてなし料理まで、困った時に使えるレシピ集で、料理のレパートリーも増やせます。

学習のカリキュラムは?

講座はどんなカリキュラムで学習を進めていくのでしょうか?

調理の基本を学ぶ

リズ
リズ

最初の1ヶ月は調理の基礎の学習です。

必要な調理器具の選び方やお手入れの方法、献立の立て方、さらに包丁の使い方や野菜の切り方、材料の計り方など料理をする上で必要な知識を学びます。

1か月後にはみじん切りや千切りといった色々な切り方が身に付き、魚や肉の下準備まで出来るレベルに到達しているでしょう。

食事のマナーや伝統料理などの豆知識も盛り込まれており、食事に関する幅広い知識を習得していく事ができます。

和洋中の調理を修得する

リズ
リズ

2ヶ月目からは和食・洋食・中華に分けて調理の基本を学んでいきます。

和食なら出汁の取り方や合わせ酢の作り方、洋食ならパスタの茹で方にドレッシングの作り方、そして中華なら美味しい揚げ方やあんかけの作り方など、それぞれの分野で必要となる調理技術です。

和洋中万遍なく学習していくため、苦手分野も無くなるでしょう。

調理方法や食材の知識を習得しておくと、どんなレシピを見ても意味をしっかり把握でき、迷いなく調理できるようになります。

栄養素について知る

リズ
リズ

ただ何となく好きな食材を使って料理をしていても、必要な栄養素が足りているかはわかりません。

3ヶ月目からは、1日にどの栄養素がどれぐらい必要なのかを学んでいくため、毎日の献立作りにも迷うことが無くなります。

五大栄養素と食物繊維の役割、4群点数法などは、自分や家族の健康を守るためにも必須の知識と言える内容です。

衛生面や食品表示を学ぶ

リズ
リズ

最後の4ヶ月目は、調理器具の衛生や食中毒についての学習です。

料理は美味しさも大事ですが、安全性も求められます。

食事を作る上で避けたい衛生上の事故や正しい保存方法、また食品添加物の安全性を知っておけば、毎日食卓に出す料理によりいっそう気を配れるようにもなるでしょう。

こんな人におすすめ!

料理が苦手な人

リズ
リズ

家庭料理スペシャリスト講座がおすすめな人は、料理に苦手意識がある人です。

料理が苦手・できないという人は基礎部分から自信が無いものの、改めて人に聞くのが恥ずかしいという思いもあるでしょう。

その点、講座を受講すると人知れず料理の基礎を学ぶことができるのです。

調理器具の使い方や1日に必要な栄養素を絡めた献立作りなど、必要な知識を全て習得し、自信を持って料理に取り組めるようになります。

自分のためにも家族の健康を守るためにも、受講しておく価値は十分にありますよ。

食に関する仕事をしたい人

リズ
リズ

他にも、食に関するビジネスに活かしたい人にもおすすめです。

特に料理教室を開こうと考えている人は、家庭料理スペシャリストの資格は役立つでしょう。

そもそも料理教室は資格を持っていなくても開くことはできますが、資格は必要な知識を持っているという証でもあり、通う生徒に安心感を与えられます。

さらに、料理に関して知識を持っていると自負していても、実は間違った覚え方をしているかもしれません。

再度正しい知識を確認するという意味でも、講座を受講して損は無いのです。

自分磨きに役立つ家庭料理スペシャリスト

リズ
リズ

キャリカレの家庭料理スペシャリストを受講すると、美味しい家庭料理だけでなく、栄養面を考慮した献立作りも身につきます。

強く健康な体を作るためにも毎日の食事は重要で、基礎からしっかり学ぶ事は自分や家族に役立てられるのです。

もちろん得た知識は仕事にも活かすことができるため、気になった方はぜひチェックしてみてください。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「家庭料理スペシャリスト資格取得講座」を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました