年配の人や介護に活用できる食育の資格はありますか?【知恵袋】

リズ
リズ
70代を超えてくると何かのきっかけで、様々な障害が生じるのではないかと不安に思ってしまいます。

また、身体的な介護・解除が必要ない状況であったとしても、咀嚼機能や嚥下能力が衰えていくことは確かなので、その点も気がかりに感じることでしょう。

そこで今回は、年配の人や介護が必要な人向けに活用できる食育の資格はあるのか?という質問にお答えします。

SNSフォローボタン
\フォローする/

高齢者の食事はとても重要

高齢者が元気に私語していくためにも、高齢者にとって食べやすく栄養価のそろった食事を作ることはとても重要です。

そのための資格もいくつかあるので、将来を見越して資格取得を目指すことは素晴らしい考えといえるでしょう。

リズ
リズ
高齢者にとっての食事は、いくつかのポイントがあります。

それは

  • 無理せずに食事ができること
  • 噛みやすく飲み込みやすい食事であること
  • 減少した食事量でも不足ない栄養価を備えていること
  • それまでの食事スタイルと大きく変化しないこと
  • 食べたいと思えるような食事であることということ

以上の5点です。

しかし、これらすべてを備えた食事を作ることは正直とても難しいでしょう。

また、それらを知識として身に着けていても、個人の好みにまで対応できない場合もあります。

リズ
リズ
食育の資格では、これらを補う知識を身に着けることができます。

介護食アドバイザーがおすすめ

リズ
リズ
介護に役立つ食事を身に付けたいのであれば、介護食の資格を取得してみてはいかがでしょうか?

特に介護食アドバイザーという資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会が資格を認定しており、介護食に関する知識とスキルを身に着けることができます。

例えば、

  • 介護食とはどのようなものなのか?
  • どのような食事を作ればよいのか?
  • 味付けや香り付けの工夫について

このような内容を学べます。

介護食に対する幅広い知識を身に着けることができるので、私生活で実践する機会がなくても無駄にならないでしょう。

介護食コーディネーターもおすすめ

介護食アドバイザーの資格以外にも、介護食・高齢者向けの食事に関する資格はあります。

リズ
リズ
それが介護食コーディネーター

介護食コーディネーターの資格は、ユーキャンが提供している講座で、介護に携わる人の調理技術を向上させる目的の資格です。

要介護者向けの食事を提供できるような専門知識が身につくことでしょう。

食育インストラクターはおすすめ!

リズ
リズ

食育をこれから勉強するのであれば、『食育インストラクター』の講座をおすすめしています。

その理由として、メディアで有名な服部幸應先生が監修をしている講座で、料理研究家で人気の和田明日香さんも取得している資格だからです。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、『食育インストラクター』の講座を資料請求するといいかもしれません。

リズ
リズ

資料請求だけなら無料でできるので、講座を申し込む前に、まずは自分に合うかどうか確認してはいかがでしょうか?

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>「食育インストラクター」の通信講座を資料請求する(無料)

関連の食育資格
>>ユーキャンの「食生活アドバイザー」を資料請求する(無料)

>>たのまなの「食育メニュープランナー」を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました