ピーマンが嫌いな子供がいるのですが、どうすればいいですか?【知恵袋】

リズ
リズ
子供の嫌いな野菜の代表と言えばピーマンですよね。子供のピーマン嫌いに悩むお母さんは多いと思います。

お母さんが一生懸命いろいろと工夫してうまく料理しても、なかなか食べてくれないことで落ち込んでしまうかもしれませんが、どうぞ心配しないでください。

そこで今回は、『ピーマンが嫌いな子供にはどうすれば良いのか?』という質問に回答します。

無理にピーマンを食べさせない

子供のピーマン嫌いは育児あるあるとも言える定番の出来事です。

リズ
リズ
それ事態に非常に深刻な問題があるわけではありませんので、気楽に考えてください。

子供がピーマンを食べないときには、いっそピーマンを食べさせるのをやめてみることをおすすめします。

ピーマンを食べさせなくて大丈夫?

ピーマンにはビタミンCやカロテンなど、豊富な栄養素が含まれています。

リズ
リズ
どの栄養素も子供の発育には欠かせません。

しかし、ピーマンからしか、この栄養素が摂取できないというわけでもないのです。

ほかの野菜や果物など、ピーマン以外の食べ物からピーマンの分の栄養素を取り入れれば全く問題ありません。

無理に食べさせると苦手意識が生まれることも

親の気持ちとしては、どの食べ物も好き嫌いなく食べて欲しいという思いもあるでしょう。

リズ
リズ
しかし、親が何をどう頑張ってみても、子供がその食べ物を嫌うこともあります。
むしろ無理に食べさせようとすると、子供にその食べ物に対する強い苦手意識が生まれ、大人になった後もずっと食べられないまま、なんてことになってしまう可能性もあります。

大人になると自然と食べれる人も多い

ピーマン嫌いの子供は多くいますが、大人でピーマンが嫌いな人はそこまで多くありませんよね。

成長していくうちに味覚の好みが変わり、子供の頃は苦手な食べ物でも、大人になったら食べられるようになることもあります。

リズ
リズ
実際私も子供の頃より、大人になった今の方がピーマンをおいしく感じます。

大人だけでピーマンを美味しく食べる

大人の真似をしてピーマンを食べる

子供がピーマンを食べなければ、子供の料理には入れず、大人だけでピーマンをおいしく食べましょう。

リズ
リズ
子供は大人の真似をしたがったりすることがよくありますよね。
大人が子供の目の前でおいしそうにピーマンを食べていれば、子供はピーマンを大人の食べ物と認識してうらやましがり、自分からピーマンを食べてくれるかもしれません。
リズ
リズ
「北風と太陽」のような方法ですね。そんな展開になれば非常にラッキーです。

ピーマンを食べれた時は褒めてあげよう

もし食べられたら「すごいね、大人みたいだね!」などという感じで、褒めておだててあげてください。

子供はほめられるのが大好きなので、積極的に食べてくれるようになるかもしれませんよ。

どうしても食べてくれない物は、無理に頑張らず仕方がないと考えることで、毎日のご飯作りも少し肩の力を抜けると思います。

リズ
リズ
ぜひ「いずれ食べてくれればいい」くらいの気持ちで、気楽に考えてみてくださいね。

資料請求
食育の通信講座一覧【資料請求無料】

タイトルとURLをコピーしました