食生活アドバイザーの資格について、全ての情報をまとめて紹介します。

食に関わる仕事には色々なものがありますが、スーパーや飲食店など身近なところで働くときに役立つ、食生活アドバイザー人気が高まっています。

リズ
リズ

あまり耳したことがないかもしれないこの資格、何が魅力でどんなときに役に立つのでしょうか?

試験の難易度や勉強方法、メリットなどについて詳しく説明します。参考にしてみてください。

食生活アドバイザーって?

スクール名金額
(税込)
学習期間
ユーキャン39,000円4ヶ月
リズ
リズ

調理師や栄養士という資格は、耳にしたことがある人も多いですよね。けれども食生活アドバイザーはどうでしょう。

食が大切だということは、新聞やニュースでも取り上げられていますが、食生活アドバイザーはまだ広くは知られていません。

この資格は具体的にどのような資格なのでしょうか?

概要

食事は健康と密接な関係があります。

正しい食事は健康的な生活を送るためには欠かせないもので、食生活が崩れると、生活習慣病のリスクが高まったり、様々な病気を引き起こしたり、怪我につながったりする可能性も出てきます。

食生活アドバイザーとは、一言でいえば食のスペシャリストであり、食に関する幅広い知識を使って、健康的な生活を送るためのアドバイスをおくることが出来る資格です。

もちろん調理師や栄養士の資格も、食のスペシャリストであることに違いないのですが、食生活アドバイザーは主婦や食品業界の人が目指すことができる身近な資格として人気が高まっているのです。

資格を取得するメリット

食生活アドバイザーはまだ認知度が低い資格かもしれませんが、持っていることで様々なメリットが生まれます。

毎日家族のために食事の支度をしている主婦にとって、食生活アドバイザー3級の知識を利用すれば、健康を考えた食事メニューを考えることが出来るでしょう。

リズ
リズ

働き先で役立てるには2級がおすすめです。

例えば食品業界で働く際、食材に対してお客様から質問を受けた時に適切なアドバイスをしてあげられることは、店にとってもメリットが大きいといえます。

活躍できる場面

飲食店のメニューを考えるときには、知識を活用して健康志向のメニュー開発に携わることも可能です。

カフェオーナーが資格を持っていてもメリットはありますが、従業員としてカフェで働いている場合でも重宝される資格ではないでしょうか。

他にも、高齢者宅を訪問して生活介護を手助けをするヘルパーの人が、知識を活かして高齢者の食に関する相談を受けたり、ジムで働くトレーナーがアスリートの食生活のアドバイスを送ったり、様々な場面で活用できるのが食生活アドバイザーの魅力といえます。

資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

他の食育資格との違いは?

栄養士

食育資格にもいくつかの種類がありますが、栄養士は代表的な食育資格のひとつですね。

リズ
リズ

学校給食や病院食の献立を考えていることから、栄養士は身近な存在と感じるかもしれません。

しかし実は栄養士の資格は誰にでも取得できるものではないのです。

最低でも2年間は大学や短期大学専門学校等へ通うことが前提となっていて、独学で資格取得はできません。

資格によっては、昼間は働きながら夜間学校に通って取得を目指すという場合もありますが、栄養士に限っては夜間の育成施設はないので、働きながら学ぶということは難しいかもしれません。

調理師免許

もうひとつのメジャーな食育資格である調理師免許ですが、こちらは専門学校等の育成施設に通わなくても取得は可能です。

都道府県で年に1~2回行われている調理師試験を受験して合格すればいいのですが、調理師専門学校等を卒業していない場合は、調理経験2年以上の証明をもらわなければ受験資格が与えられないのです。
リズ
リズ

栄養士も調理師免許も、さすがに国家資格だけあって、簡単には取得できそうにありません。

食生活アドバイザー

リズ
リズ

対して食生活アドバイザーは、受験資格がありません。

つまり、主婦であっても食品関係に勤めていない人でも受験することが可能で、年齢制限もないため学生が取得を目指すことも可能です。

年に2回、誰でも試験を受けることが出来る、門戸が開かれた食育資格といえるのではないでしょうか。

資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

難易度は?

リズ
リズ

多くの人に門戸が開かれている食生活アドバイザー資格ですが、肝心の難易度はどうなのでしょうか?

この資格には2級と3級がありますが、出題範囲は共に、栄養と健康・食文化と食習慣・食品学・衛生管理・食マーケット・社会生活となっています。

食生活アドバイザー2級・3級

3級は、出題範囲の中でも基本的な知識が中心となっていて、育児や家族の食事を作る中で、健康的においしく食べることができる食育問題がほとんどです。

2級はよりプロ志向が強いといわれていて、企業と消費者のパイプ役となって実務的にアドバイスができるコーディネーターのような知識が求められています。

リズ
リズ

給与面のアップや就職に有利に働くようにと考えるのであれば、2級を目指した方がメリットは大きいでしょう。

食品業界や飲食店への勤務だけでなく、介護や学校といったように、幅広い分野で活かすことができるというのが食生活アドバイザーの大きなメリットです。

資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

勉強方法について

食生活アドバイザーは、独学でも十分に合格を目指すことが出来るといわれています。

特に3級は食に関する基本知識が中心となっているので、参考書などを活用して1か月ほど真面目に勉強すれば、十分合格圏内に入ることは可能です。

2級となると、食に関するプロと呼ばれるような試験内容になるため、より専門的な知識を身に付けなければなりません。

リズ
リズ

2級を目指すための参考書を手に入れ、食について深く学ぼうという意識がないと合格することは難しいでしょう。

参考書はただ分厚いだけでなく、ポイントが適切にまとめられていて、図などを交えてわかりやすく解説してある教材がおすすめです。

効率よく学ぶなら通信講座がおすすめ

効率よく勉強を進めるために、通信講座を利用して学ぶことも一つの方法となります。

スマホ対応教材であれば、電車の中など移動中でも勉強が可能です。

リズ
リズ

効率よくまとめられているため、2級と3級の同時受験・同時合格を目指すことも可能だといわれています。

資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

試験日や試験会場について

食生活アドバイザーの試験日は年2回、7月の第2日曜日11月の第4日曜日に開催されています。

試験会場は、札幌・仙台・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡にある各会場で行われます。

リズ
リズ

試験会場は増えたり、変更になったりすることがあるので協会に確認してみるといいでしょう。

3級が午前、2級が午後からの試験となっているので、同日に両方の級を受験することも可能となっています。
資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

食育に興味がある人必見!食生活アドバイザーの魅力とは?

食育資格にはいくつかの種類がありますが、食生活アドバイザーは誰でも受験することが出来る資格として人気が高まっています。

栄養士や調理師は、専門学校卒業や実務経験といった条件が必要ですが、食生活アドバイザーは資格条件がありません。

家族の健康を考えた食の知識だけでなく、飲食店や商品業界、介護職などに活かすこともできる資格となっているため、キャリアアップを目指す人にもおすすめな資格です。

資料請求
食生活アドバイザーの通信講座を資料請求(無料)

 

タイトルとURLをコピーしました