終活アドバイザーとは?資格の特徴・取得するメリット・おすすめな人は?

終活アドバイザーは、終活のアドバイスをする専門の資格です。

リズ
リズ

様々な知識を使って、残りの人生をより豊かにするために必要な資格と言えるでしょう。

しかし、具体的に終活アドバイザーについて、詳しく知らない方もいるはずです。

そこでこの記事では

  • 終活とは何なのか?
  • 資格を取得するメリット
  • ユーキャンの講座のカリキュラム

などについて説明していきます。

終活とは?

終活について説明

終活とは、人生の終わりに向けた準備をすることです。

リズ
リズ

また、残り少ない余生を豊かに生きるために、終活をして準備をしていきます。

具体的な終活内容は、自分が亡くなった後の

  • 葬儀
  • お墓
  • 遺産相続
  • 資産

などについて細かく決めていくのが基本です。

具体的にやっておくことは?

例えば、葬儀はお金がかかるため、家族葬にして金銭的な負担をかけないようにしたり、お墓が高いなら樹木葬にしたりと、自分が亡くなった後のことを事前に決めます。

リズ
リズ

また、亡くなるまでの間の生活費や医療費など、具体的にどれくらいのお金が必要なのかも把握していきます。

このように、亡くなった後だけではなく、亡くなるまでの期間についても考えることで、残りの人生をより良く生きるためには、どうすればいいのかを見つめ直せるようになります。

終活アドバイザーの資格とは?

スクール名金額
(税込)
学習期間
ユーキャン35,000円4ヶ月

終活をするには多くの知識が必要となるため、終活アドバイザーの資格を持っていれば、様々なところで役立てることができます。

終活設計をする専門家

リズ
リズ

終活設計は亡くなった後の葬儀やお墓、遺産相続だけではなく、資産の管理や医療、介護など、残りの人生についても考えていきます。

ひとりではどうしたらいいのか分からない課題に対して、専門的な知識を持っている終活アドバイザーがサポートをしてくれるので便利です。

高齢化によってニーズが高まる資格

リズ
リズ

少子化に伴い、残りの人生や亡くなった後のことを考える高齢者が増えているため、終活アドバイザーのニーズが高まっていると言えるでしょう。

例えば、人生の後半をどう過ごしたいのか、亡くなった後にできるだけ子供に負担を掛けないようにするにはどうすればいいのかなどです。

仕事のスキルアップになる

リズ
リズ

終活アドバイザーは、財産管理から相続だけではなく、葬儀や供養、お墓など多くの知識を有する資格です。

こういった知識は終活をしている方だけではなく、介護職員や看護師などの医療関係から、葬祭業、金融関係など、高齢者と接して相談を受けることが多い業界で役に立ちます。

在宅で検定試験が受験できる

リズ
リズ

ユーキャンで終活アドバイザーの講座を受ければ、修了課題が検定試験になるので在宅での受検が可能になります。

修了課題は、第1~3回の添削課題を提出してクリアできれば合格です。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「終活アドバイザー」を資料請求する(無料)

 

終活アドバイザーを取得するメリットは?

終活アドバイザーの資格を取得できれば、自分の人生や家族、仕事など様々な部分でメリットがあります。

大切な人に何か残せる

リズ
リズ

もしも自分の身に何か起こった場合、事前に準備をしていなければ、家族などに伝えたいことがあっても伝えられません。

例えば、子供にはこういった成長をしてほしいとか、遺産は誰に何を渡すのかなどです。

また、家族に対する感謝の言葉など、普段は言えない言葉を形にして残しておけるようになります。

万が一のことに備える

不慮の事故などで脳死状態になった場合、残された家族は延命治療をするのか、臓器提供はどうするのかで悩みます。

リズ
リズ

また、亡くなった場合の預金口座や手続きなど、残された家族はやることがたくさんあります。

そういった負担をできるだけ減らすためにも、万が一のことを考えて準備をするのは大切です。

人生がより豊かになる

リズ
リズ

人生を振り返って整理をしていけば、自分と向き合えるようになり、自分のやりたかったこと望んでいた願望などが、見えてくるようになります。

そうすれば残りの人生を、後悔しないでより良く生きられるようになるでしょう。

エンディングノートにまとめることができる

自分の望む想いは、ただ考えるだけではなくノートなどにまとめておくと、過去から現在、未来までの流れを整理しやすくなります。

リズ
リズ

また、分かりやすくまとめておけば、これからの人生設計もしやすくなるためおすすめです。

将来をより考えられるようになり、今後の人生をさらに充実して生きられるようになるでしょう。

こんな人におすすめ!

終活アドバイザーの資格は、多くの業界で活用ができるためおすすめです。

医療や介護業界で働いている人

リズ
リズ

医療や介護業界は高齢者が多く、病気や残りの人生についての相談をする方もいます。

そんな時に終活についての知識があれば、今後のライフプランの提案などもしやすくなるので相手も安心して相談ができるでしょう。

金融・保険業界で働いている人

リズ
リズ

人生のプラン設計において、金融や税制、保険についてのライフプランニングができるようになります。

例えば、老後はどれだけの蓄えがあったら良いのか、お葬式やお墓の費用はどれくらいなのかなどです。

事前に必要なお金が分かれば、その目標に向けて準備ができます。

法律系の仕事に就いている人

リズ
リズ

相続や遺言など、自分が亡くなった後の状況について考えたい方に、法律を交えて終活のアドバイスができます。

また、死後の手続きなど、幅広い相談に対して対応ができるようになるので、仕事の幅が広がるでしょう。

葬儀業界に携わっている人

高齢者は自分が亡くなった後のことを考えて相談をしてくる場合があるため、その疑問に対して答えられるようになります。

リズ
リズ

終活の知識を使って営業活動に活かせたり、高齢者と信頼関係を築いたりできます。

自分や家族のために何かしたい人

あなたや家族が安心できるように、葬儀やお墓について事前にしっかりとしたプランなどを考えておくと、後々揉めることが少なくなるでしょう。

リズ
リズ

自身の残りの人生だけではなく、残された家族への配慮もできます。

合格までのカリキュラムは?

1ヶ月目

基本的に合格までの期間は、約4ヶ月となります。

最初の1ヶ月は終活の基本を学び、老前整理から財産管理について学習をしていき、同時にエンディングノートの作成もしていきます。

リズ
リズ

それが終了したら1回目の添削課題です。

2ヶ月目

2ヶ月目は年金を始めとした社会保険制度の基礎から医療や介護制度、ライフプランについての学習します。

リズ
リズ

そして、その後は2回目の添削課題を行います。

3ヶ月目

3ヶ月目になると、亡くなった後の手続きから葬儀、相続に関する内容を学び、同時に大切な人への想いを託す方法も学習していきます。

リズ
リズ

そして3回目の添削課題を行います。

このように、今後の人生設計から亡くなった後のことまで総合的に学習をしていけば、終活アドバイザーとしての知識を深めることができるでしょう。

4ヶ月目

リズ
リズ

そして、最後の4ヶ月目は検定試験を行います。

検定試験はマークシートのみで、修了課題で60%以上の得点を取れれば合格ができます。

また、試験については自宅で受けられるため、試験会場へ出向く必要はありません。

サポート体制は?

空き時間にスマホやパソコンで学習できる

リズ
リズ

ユーキャンでは、空いた時間でも学習ができるように、スマホやパソコンでできるミニテストがあります。

このミニテストで学習の習熟度をチェックできたり、講義の動画を見たりできるので便利です。

学習期間を延長できる

また、終活アドバイザーの標準学習期間は4ヶ月となっていますが、4ヶ月間で資格が取得できなかった方のために、最長で8ヶ月間ものサポートが受けられます。

リズ
リズ

そのため、時間がなくて学習ができなかったり、短期間でスキルを取得できなかったとしても、安心して受講できるのがメリットです。

メールや郵送で簡単に質問できる

他にも、学習段階で分からない部分があった場合は、メールや郵送などで講師に質問ができるので、効率よく学ぶことができます。

最後に

リズ
リズ

終活アドバイザーは、しっかりと学習をしていけば取得できる資格です。

自分だけではなく家族に対しても活用ができるし、様々な業種で応用が利く資格でもあります。

しかも自分を見つめ直して今後の人生をより豊かに生きるために、ライフプランを設計する上でも便利です。

また、学習に自信がない方でも、ユーキャンの講座なら初心者でも学びやすくなっているのでおすすめです。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「終活アドバイザー」を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました