登録販売者の転職事情は?また、資格取得者が有利に働ける転職先とは?

リズ
リズ

数ある資格の中でも注目が高まっているのが登録販売者です。

ドラッグストアだけでなくスーパーなどの一般小売業でも医薬品の販売ができるようになった事で、医薬品を扱う事の出来る資格を持つ人の求人は増加傾向にあり、多くのお店や企業で求人が出されています。

では、登録販売者の資格を持っている事で、どの程度転職する際に有利になるのでしょうか?

登録販売者の転職事情

登録販売者の求人は増加している

登録販売者の求人数は年々増加する傾向にあり、多くの求人が見込めます。

医薬品を扱う資格という特性上、その求人のほとんどはドラッグストアや小売店の医薬品コーナー等で募集することが多いです。

入れ替わりの激しい職場という事もあり、多くの店舗では常に登録販売者の求人を出しています。

一方で、登録販売者の資格取得者も増えている

ただし、登録販売者の資格は薬剤師の資格に比べて簡単に取得できるため、当然資格を取得している人も増えています。

ですので、採用する側も薬剤師に比べて基準は厳しめになっていて、大抵確実に採用が決まる薬剤師と比べると、能力や条件面など一定の基準に満たないと採用してもらえない場合もあります。

ドラッグストアなどで登録販売者として働く場合は、求人広告等でよく採用条件や勤務条件等を確認し、自分の希望する条件とできるだけ合っている職場を選ぶようにした方がいいでしょう。
リズ
リズ

面接の場では、面接官としっかり話して、条件面やノルマの有無、職場環境などをしっかりと把握した上で、就職を決めるようにする事をお勧めします。

資料請求
登録販売者の試験対策講座を資料請求(無料)

 

登録販売者のドラッグストア体験談

リズ
リズ

登録販売者としてドラッグストアで長く勤務するAさんの体験談を例に挙げてみましょう。

ドラッグストアの勤務体系

Aさんは、年中無休・9時~24時まで営業のドラッグストアに登録販売者として約10年間勤務しています。

勤務はシフト制ですが、営業時間中は常に複数人の登録販売者がお店にいなければならないため、その日の勤務時間帯の登録販売者の数によっては、残業が発生する場合もあります。

リズ
リズ

急な欠員が出れば休日出勤しなければならない場合もあるなど、勤務条件はやや厳しいようです。

ドラッグストアの仕事内容

仕事の内容は、主に調剤の雑用や事務、OTC薬の販売や管理、発注などが主で、加えて担当部門の商品の発注や管理、レジ打ちや品出し等もこなします。

扱うものが医薬品という以外は、一般の小売業とあまり大差はありません。

また、従業員販売もあり、従業員であれば一般薬はほぼ原価並みの価格で買う事ができ、調剤薬局の薬でも原価購入できたり、給料への払い戻しもあるそうです。

ドラッグストアの従業員

Aさんの働くドラッグストアでは、登録販売者の資格を取得する事で準社員として働く事ができるようになり、場合によっては正社員として登用される可能性もあります。

ただ、正社員はその日のシフト人数によってはフルタイムで勤務しなければならず、他の店舗に転勤になる場合もあるため、正社員の希望者は圧倒的に男性が多いそうです。

資料請求
登録販売者の試験対策講座を資料請求(無料)

 

転職に有利なのは製薬会社

リズ
リズ

登録販売者というと、一般用医薬品を取り扱うドラッグストアなどが主な職場というイメージですが、じつは製薬会社も転職先の一つとして候補に挙がります。

実際、製薬会社で社員として働く人の中には、登録販売者としてドラッグストアで勤務していた経験があるという人が多いです。

登録販売者が有利な理由

製薬会社に入社すると、新入社員はまず医薬品成分の知識をみっちりと叩き込まれます。

営業をするにしても、自社で取り扱う薬について詳細に説明できなければならないからです。

こうした知識を一から身につけるには、かなりの時間が必要になります。

一方、登録販売者の資格を持っている人は、資格取得の際に一般用医薬品を取り扱うのに必要な知識を勉強しているので、一通りの知識が頭に入っています。

そのため、登録販売者の資格を持っていない人に比べて現場に出るまでにかかる時間が短くて済みます。

リズ
リズ

製薬会社もそのことを心得ていますので、書類審査でも有利に働きます。

現在、ドラッグストアで勤務している人は?

ドラッグストアには毎日製薬会社の営業担当者が営業活動に訪れ、その方たちとお付き合いすることでコネクションを作る、という方法も取る事ができます。

ドラッグストアによっては製薬会社就活のためのセミナー等を行っている場合もあるので、上手に利用する事で製薬会社就職への近道にもなり得ます。

資料請求
登録販売者の試験対策講座を資料請求(無料)

 

そのほか有利な会社は?

リズ
リズ

登録販売者の資格があると有利になる会社は他にもあります。

医薬品の卸売会社

例えば、医薬品の卸売会社は、卸売業は流通の中間を繋ぐ役割を担うため、製造業者である製薬会社や販売業者であるドラッグストアと同じように、そこで働くには一般用医薬品の知識が必要となります。

製薬会社と同じ理由で、一般用医薬品の知識を持っている登録販売者は採用面での優遇が見込める職場だと言えます。

大手の日用品メーカー

リズ
リズ

大手の日用品メーカーも狙い目の一つです。

日用品の中にも殺虫剤など化学薬品を使う商品は多く存在するので、そうした商品の営業を行う場合にも、一般用医薬品の知識は必要不可欠なものです。

そのため、登録販売者の資格を持っている事で有利に働く場面は、やはり多くなります。

一般医薬品に関係する会社ならどこでも有利

この他にも、一般用医薬品に関わる仕事であれば、そのスペシャリストと位置付けられる登録販売者の資格は概ね有利に働きます。

自分のライフスタイルや希望する働き方等に合わせて、よりよい職場を選びましょう。

資料請求
登録販売者の試験対策講座を資料請求(無料)

 

登録販売者は即戦力になりうる

一般用医薬品の知識を持つスペシャリスト、それが登録販売者です。

既に一般用医薬品の知識を持っている登録販売者は、それだけで製薬会社にとって営業の即戦力になり得ます。

リズ
リズ

ですので、登録販売者の資格を持っていると、製薬会社へ転職しても有利に働けるでしょう。

ドラッグストアで登録販売者として働きながら製薬会社を目指すのも、一つの方法です。

資料請求
登録販売者の試験対策講座を資料請求(無料)

タイトルとURLをコピーしました