調剤薬局事務の資格とは?人気の理由は?仕事内容・難易度・試験など解説

調剤薬局事務という資格があることを知っているでしょうか?

リズ
リズ

調剤薬局事務は、薬局事務を行いながら薬剤師の補助も行う専門職です。

調剤薬局事務の資格を取得すれば、全国各地の薬局で働けるため、パート勤務を希望する主婦や転職を図ろうとするOLの間で人気が高まっています。

今回の記事では、調剤薬局事務の資格について

  • 仕事内容
  • 人気の理由
  • 資格の難易度
  • 試験について

などを紹介していきます。

↓医療事務の講座一覧↓

無料の資料請求はこちら

調剤薬局事務の資格とは?

診療報酬制度の知識レセプト作成のスキルが必要な資格としては医療事務がありますが、調剤薬局事務はさらに医薬品など薬剤の知識を求められる資格です。

レセプトとは調剤報酬明細書のことで、薬の処方について保険機関に請求する報酬を、点数制度に従って計算した額が記載されている書面を指します。
リズ
リズ

調剤薬局事務の資格を取得すれば、医薬品を扱う職場で医療事務や調剤補助などの仕事ができるようになります。

法令で取得を条件とした国家資格ではありませんが、有資格者は医薬品を扱う現場で不可欠の知識とスキルを身につけているので、即戦力として期待されるでしょう。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
調剤薬局事務講座を資料請求する(無料)

 

調剤薬局事務の仕事内容は?

基本的な仕事内容について

リズ
リズ

調剤薬局事務の職務内容は、主に患者の受付・会計・レセプト入力・薬剤管理などになります。

  1. 患者の受付の際に処方箋と保険証を預かり、必要な情報の入力を行い薬剤師に渡す
  2. 会計業務は患者に請求する金額を計算する仕事
  3. レセプト入力はコンピューターを使用して電磁的記録を作成する

このような作業を行なっているのです。

レセプト作成はACCESSなど簡便に入力できるソフトがあるので、入力ミスさえ無ければ正確な金額の医療報酬請求ができます。

医療事務と近い部分もある

リズ
リズ

受付・レセプト入力・会計の点では医療事務の仕事と重なるところもありますが、調剤薬局事務には薬剤管理は在庫の検品や不足分の発注を行う作業も行います。

在庫はできるだけ少なくして、余剰品が出ないように常にチェックしなければなりません。

不足分が出たら、直ちにMRや近隣の薬局に要請して補充を行います。

薬剤師を補助して薬剤の管理も行う点では、登録販売者とも似ている点があります。

 

ただし調剤薬局事務の資格だけでは調剤補助ができるだけで、医薬品の販売を行うことはできません。

調剤薬局事務が人気の理由は?

1.学習期間は最短1ヶ月

リズ
リズ

合格率が90パーセント以上の調剤報酬請求事務技能検定試験は、早ければ1ヶ月の準備期間で合格が可能です。

試験範囲は、医薬品の知識や素人にはわかりにくいレセプトの作成を含みます。

しかし、参考書やノートの持込みが許されているので、設問に対してどの箇所を参照すれば良いかをわかっていれば、試験に対処可能なのです。

2.全国の薬局で活躍できる

リズ
リズ

薬局の設置については距離制限を定めた法律が廃止されたので、狭い地域でも多数の薬局を開くことができます。

薬局には薬剤師が必要ですが、薬剤師だけでは薬局の多様な業務をこなしきれないのが実情です。

そこで、薬剤師を補助する仕事として登録販売者という医薬品販売の資格がありますが、レセプト作成のスキルまでは備えていません。

薬剤師や登録販売者などをサポートするうえで、医薬品の知識がありレセプト作成ができる調剤薬局事務の有資格者は、実務経験が無くても薬局で重宝されると言えます。

薬局は全国に多数存在するので、自分の働きたい職場を選ぶことが可能です。

3.ブランクがあっても復職しやすい

リズ
リズ

育児や介護で、職場を離れなければならないことがあるかもしれません。

調剤薬局事務の有資格者であれば、一旦離職しても処方箋受付の流れを把握しており、レセプト作成の知識を身につけているので復職が容易であると言えます。

薬局など調剤薬局事務が活躍できる職場は多数存在するのに、人材不足に悩まされているところも少なくありません。

こうした現場では未経験者を雇用しても即戦力にはならないため、たとえブランクがあっても調剤薬局事務の経験者は優先的に雇用されます。

資格の難易度は?

初心者でも目指しやすい

リズ
リズ

調剤薬局事務には複数の民間資格がありますが、医療事務に比べて比較的初心者も勉強しやすいと言われています。

中でも調剤報酬請求事務技能検定試験は、合格率が90パーセント以上という高さになっています。

初心者でも早ければ1ヶ月程度準備すれば合格できることもあるため、未経験者にもおすすめの資格試験です。

また、調剤事務管理士®技能認定試験の合格率も60パーセント程度で、決して難関とは言えないでしょう。

リズ
リズ

3ヶ月程度の勉強をすれば合格の可能性があります。

調剤報酬請求事務技能検定試験調剤事務管理士®技能認定試験は年6回実施されるので、受験時期の調整が容易で受験しやすくなっています。

在宅で受験することができる

リズ
リズ

調剤薬局事務の試験は、講座を受講した後に在宅受験が認められているため試験会場まで出かける必要がなく、気軽に受験できます。

調剤報酬請求事務技能認定試験は、2ヶ月くらい集中して勉強すれば合格できる資格です。

調剤報酬請求事務専門士は、年2回しか試験が実施されず調剤事務関係の試験の中では最も難しいと言われています。

試験は1~3級まで細かく分けられ、資格取得後は2年ごとに更新の必要があります。

それでも早ければ半年間の学習を経て合格できる人も少なくありません。

調剤薬局事務の試験は?

学科試験と実技試験がある

リズ
リズ

調剤薬局事務の試験は、学科試験と実技試験の両方を受験しなければなりません。

学科試験の内容は、医療保険制度の仕組み・調剤報酬請求の計算方法・医薬品の種類などが範囲とされています。

実技試験の内容はレセプトの作成・点検になります。

調剤報酬請求事務技能認定試験のように指定された講座を受けた後受験資格を得られるものもありますが、受講後一定期間を経過すると受験資格を失ってしまうので注意しましょう。

どの試験もノートや参考書の持込みが許されているので、医薬品の名前を逐一暗記しなくて済む点で受験者の負担が軽減されていると言えます。

通信講座がおすすめ

リズ
リズ

調剤薬局事務の資格を取得するには独学より通信講座がおすすめです。

理解が進まない項目については、メールやチャットで質問すれば速やかに回答をもらえます。

合格保証付きという講座など、不合格の場合は受講料が返金されるものもあります。

リズ
リズ

どの講座も4万円以下の受講料を払えば受講できます。

就職先や活躍できる場所は?

リズ
リズ

医薬品を始め、薬剤を患者に提供する職場で働くことができます。

つまり、処方箋を扱う保険調剤薬局やドラッグストアが主な就職先になります。

また、一般の病院の院内薬局や院内処方を行っている診療所でも活躍できます。

有資格者の中でも経験者は採用や手当ての面で優遇され、就職先に困ることはありません。

最後に

リズ
リズ

調剤薬局事務の資格取得は、主婦の家事・育児の合間OLの退勤後の時間を利用した勉強で十分可能です。

通信講座を利用して効率的に学習すれば短期間で合格できるので、資格を取得したら労働時間の少ないパートから始めて実務経験を積みましょう。

一旦実務経験者になれば、ブランクがあってもまた正社員として採用される可能性が高まるため、転職などに有利に作用します。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
調剤薬局事務講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました