日本語教師養成講座って?ユーキャンの講座の特徴や学習内容など紹介!

日本語教師とは外国人を対象に日本語の発音や文法、会話の読み書きを教える仕事です。

リズ
リズ

日本語教師養成講座は、日本教師になるために必要な資格である日本語教育能力検定試験の合格を目指すための通信講座です。

この試験の合格率は20%以下で、独学での合格は難しいと言われています。

今回は、日本語教師に興味がある方へ向けて、日本語教師養成講座についてや、おすすめな人の特徴について紹介しましょう。

SNSフォローボタン
\フォローする/

日本語教師養成講座とは?

スクール名金額
(税込)
学習期間
ユーキャン59,000円8ヶ月
リズ
リズ

グローバル社会の進展により、日本語を学ぶ外国人は増えています。

しかし、外国人に日本語を教えるためには、専門的な知識や指導の技術が必要不可欠です。

日本語教師養成講座では、日本語教育能力検定試験の合格を目指すためのカリキュラムが組まれています。

日本語教師養成講座を受講し、試験に合格することで、正しい日本語を学習者に教えることができる日本語教師になることができるでしょう。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「日本語教師養成講座」を資料請求する(無料)

 

日本語教師養成講座の特徴は?

効率の良いカリキュラムで学習できる

リズ
リズ

ユーキャンでは、毎年の試験傾向を徹底的に分析し、その指針に沿って効率的に学習できるカリキュラムを構成しています。

出題傾向を分析し、要点を絞ったテキストなので、教材に沿って学習するだけで無駄なく様々なことを学べます。

また、充実のサポート体制が用意されており、初めての方でも安心です。

リスニングや記述式の対策もできる

リズ
リズ

リスニング問題では、どれだけ下準備ができるかが大切になってきます。

ユーキャンのCDレッスンで実践力を高めることにより、リスニング問題でも着実に加点を狙うことができるのです。

また、ユーキャンでは苦手な人が多いとされる記述式の対策もできます。

記述式の問題対策で読解力と表現力を身につけ、わからない部分も専任講師による赤ペン指導によって苦手を上手に克服することができるでしょう。

スキマ時間にスマホで学習できる

リズ
リズ

ユーキャンには、通信講座を受講されている人だけが利用できる「学びオンラインプラス」というものがあります。

学びオンラインプラスは、受講生の効果的な学習を助けるサポートサイトです。

ネット回線さえあれば24時間いつでも試験攻略に役立つ動画を視聴したり、Webテストを解いたりすることができます。

DVDで視覚的にイメージできる

リズ
リズ

テキストの問題を解いたり、音声CDを聞いたりするだけでは、実際にどのような流れで日本語の授業をするのかわからないことも。

しかし、ユーキャンでは授業の進め方やマナーなど、実際の指導シーンを見ることができる「よくわかる! 授業イメージDVD」がセットになっています。

DVDで視覚的にイメージすることで仕事の感覚を掴むことができるでしょう。

費用面も学びやすさを実現

リズ
リズ

ユーキャンでは、重要な情報や教材が濃縮されているため「お金の無駄で終わってしまった」ということはありません。

一発合格に向け効率よくムダなく勉強でき、費用面も学びやすさを実現しています。

学習のカリキュラムは?

テキストで基礎を学習

リズ
リズ

まずは基礎から優しく学習をスタートさせます。

メインのテキストはイラストや図解が満載で、誰でも理解しやすい作りになっているのです。

わからない所があってもまずはどんどん先に進み、全体像をつかむことが学習を効果的に行う第一歩となります。

問題演習で出題傾向をつかむ

リズ
リズ

基礎を身につけ、全体像をつかんだら、次は試験対策問題集に挑戦しましょう。

試験対策問題集では、過去問やオリジナル問題を厳選し、搭載されています。

問題演習を繰り返し解き、出題傾向や必要な知識を覚えていくことが大切です。

リスニング対策を行う

リズ
リズ

試験にはリスニング問題もあり、日本語の「アクセント」と「イントネーション」が正しいかどうか判断するものがあります。

「聴解対策CD」を活用することにより、正しい日本語の発音を覚えることができ、リスニング問題を攻略することが可能です。

総合実力診断テストを利用する

リズ
リズ

日本語教師養成講座の第9回添削課題は「総合実力診断テスト」です。

添削課題とは、教材での学習の総仕上げや解答力を鍛えるために取り組む、提出型の教材のことです。

自分の実力を超えた難問にあたった時でも諦めずに挑戦し、しっかりと対策をして自信をつけることで、落ち着いて本試験を受けることができます。

試験本番にチャレンジ

リズ
リズ

日本語教育能力検定試験は年に一回、例年10月下旬頃に行われます。

試験の合格率は20%以下と低めですが、当講座を通してきちんと対策をすることで、一発合格を狙うことができるでしょう。

ただ、当講座の標準学習期間は8ヶ月なので、受講中に試験日を迎えることもあります。

しかし、標準学習期間に満たないで試験を迎えた場合は、次回の試験月まで指導サービスが継続します。

リズ
リズ

そのため、試験日が近づいても慌てる必要はありません。

じっくりと自分のペースで合格を目指していきましょう。

教材やテキストに関して

メインテキストは?

リズ
リズ

メインテキストやカリキュラムは、経験豊富な日本語教育の専門家が全面監修しています。

図表やイラストが豊富なだけでなく、覚えておきたい重要な箇所は赤字になっているので、初めての方でも十分に理解できるようになっているのです。

テキストの各所には先生からのアドバイスがついており、試験の傾向や対策、ポイントなどをおさらいすることができます。

副教材は?

リズ
リズ

「試験対策問題集」には、過去の試験で出題された問題や、基礎力がつくオリジナル問題が厳選して収録されています。

丁寧な解説があるので分かりやすく、繰り返し予習することで解答のコツを掴むことができるでしょう。

また「リスニング対策CD」では、日本語の正しい発音について勉強することができます。

出題形式に沿った問題演習を解くことで、本番にどのような問題が出ても冷静に対応できるようになるのです。

リズ
リズ

そして「よくわかる! 授業イメージDVD」では、実際の授業や指導のシーンを学ぶことができます。

学生を指導の良い例と悪い例が具体的に解説されており、実際に日本語教師として仕事をする上で必要な技術などを習得できるでしょう。

添削課題は?

リズ
リズ

添削課題の総合実力診断テストでは本試験レベルの問題が出されるので、解き方を理解すれば解答力が上がるでしょう。

わからない問題があったとしても、提出することにより詳しい解説や丁寧なアドバイスが添えられて返ってきます。

講師からのアドバイスで自身の弱点が明確になり、それを克服することで試験合格の知識や能力がメキメキ身につくでしょう。

こんな人におすすめ!

外国人に関わる仕事をしたい人

リズ
リズ

日本語教師は、日本語を母語としない方に日本語を教えていきます。

そのため、自然とたくさんの外国の人と関わることができ、外国人の友達や、異文化交流を楽しむことができます。

また、国内の語学学校だけでなく、海外で日本語教師として働くこともでき、貴重な経験を積むことができるでしょう。

やりがいある仕事をしたい人

リズ
リズ

日本語教師というのは、日本語を身につけて夢を実現させようと思っている人の力になることができる、やりがいのある仕事です。

日本語を全く知らない相手に一から教えるということは大変なことです。

しかし、自分が教えることによって生徒の上達ぶりを感じることができれば「日本語教師になって良かった」と心から思うことができるでしょう。

家事や育児の合間に働きたい人

リズ
リズ

インターネットの普及に伴い、在宅で指導が可能な「オンライン日本語教室」が増えています。

自宅で仕事ができるテレワークという働き方は、家事や育児が忙しい人の強い味方になってくれるでしょう。

他にも、日本語教師はパートや非常勤講師としても働くことができ、家庭と両立できる仕事として女性に人気があります。

ボランティアなどで教えている人

リズ
リズ

日本語教師は、海外でボランティア活動の一環として教えるケースも多いです。

しかし、外国人に日本語を教えるためには正しい知識と技術が必要です。

教えるために必要な知識を身につけ、活躍の場を広げるためにも、日本語教師養成講座はとてもおすすめとなります。

日本の魅力や知識を伝えたい人

リズ
リズ

日本語学校に通うほとんどの生徒は、日本に興味を持ち、日本で働きたいと思っています。

日本語教師になれば、そんな生徒たちに日本の魅力や、生活習慣、ビジネスマナーなど、たくさんのことを伝えることができます。

日本の文化が好きで多くの外国人に日本の魅力を伝えたい、そんな人に日本語教師は向いているでしょう。

人の成長に関わる仕事に就きたい人

リズ
リズ

語学を学ぶということは、仕事の幅を広げたり、人間としての成長につながったりする大切な要素。

日本語教師となり、生徒たちに日本語を教えるということは、社会に貢献する人材を育成することにも繋がります。

人の成長に関わる仕事に就きたい人にとって、日本語教師はまさにうってつけの職業と言えるでしょう。

将来に向けステップアップしたい人

リズ
リズ

グローバル化の進展により、日本語と日本の文化を外国人に伝えていく日本語教師の需要は高まっています。

日本語教師の将来性は高いので、更なるステップアップを目指したい人にもおすすめでしょう。

まとめ

日本語教育能力検定試験は比較的難易度の高い試験に分類されており、独学での試験合格は難しいのが現実です。

リズ
リズ

ユーキャンの日本語教師養成講座では、効率的に日本語教師力を身に付けられるだけでなく、楽しみながら知識を習得していくことができます。

日本語教師を目指すのであれば、ユーキャンの日本語教師養成講座を受講してみてはいかがでしょうか?

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「日本語教師養成講座」を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました