日本語検定2級・3級講座って?ユーキャンの特徴・カリキュラムなど解説

日本語の語彙や表現方法には様々な種類があり、日常会話だけでは習得しきれないほど奥が深いと言われています。

特に敬語や丁寧語は使い方が難しく、基本からきちんと学んで正しく使える人は少ないかもしれません。

リズ
リズ

日本語検定は、正しい日本語の使用法を学び、日常生活で生かすことができる資格です。

ユーキャンの講座を取ると、効率的な学習により日本語検定に合格できる方法を学べるので、その特徴について紹介していきましょう。

SNSフォローボタン
\フォローする/

日本語検定とは?

リズ
リズ

日本語検定は、漢字検定と並んで人気のある検定試験です。

漢字の読み書きを中心とした漢字検定と異なり、日本語検定は、漢字に加えて敬語や丁寧語の使い方をはじめ、語彙力やコミュニケーション力を問う問題も出されます。

単なる知識だけでなく、思考力が試される試験なのです。

特に、2級と3級の日本語検定試験は、大学入試において優遇されたり、就職活動で評価が高まったりして、キャリアアップのために受験する人も少なくありません。

また、社員研修に日本語検定を導入する企業も多く、日本語力の向上手段として幅広く用いられていると言えるでしょう。

ユーキャンの日本語検定講座の特徴は?

スクール名金額
(税込)
学習期間
ユーキャン29,000円5ヶ月

試験と同じ形式で学習できる

リズ
リズ

ユーキャンの日本語検定講座は、検定委員会監修のカリキュラムを採用しています。

したがって、実際の検定試験と同じ形式・レベルの内容を学ぶことができて、実践的な対策として極めて有効だと言えるでしょう。

日本語検定の教材は、ユーキャンが独自に作成したもので、メインテキストは2級と3級が共通となっています。

2級と3級の両方の試験に合格するために必要な重要ポイントがまとめられていて、メインテキスト3冊だけで2級と3級の両方に合格できる実力をつけられるでしょう。

豊富なアウトプットで実戦力を強化

リズ
リズ

ユーキャンの講座は、知識をインプットするだけでなく、適度にアウトプットすることで実戦力を向上するシステムを採用しています。

テキストの各レッスンには、説明文や例文の後に例題や実力アップ問題が豊富に記載されており、各章が終わるごとに問題に取り組んで、理解度を確かめ、知識を定着させることができるでしょう。

また、過去問題集は厳選された標準的な良問が揃えられているので、試験本番と同じ問題形式に慣れるうえでも欠かせない演習が可能です。

添削課題で得点力アップ

本講座では、添削問題にチャレンジすることにより更なる得点力アップを図れるでしょう。

リズ
リズ

第1回の添削問題が3級に対応し、第2回が2級の模試となっています。

添削問題を提出すると、検定委員会関連のベテラン講師が1枚1枚丁寧に赤ペンを入れて添削指導を行います。

独学だと自分では気づきにくい弱点の指摘や学習のコツの指導をしてくれるので、合格圏への近道をたどれるでしょう。

スキマ時間でも学習できる

リズ
リズ

仕事や家事で忙しくて、なかなかまとまった学習時間を確保できない人も多いでしょう。

ユーキャンの日本語検定講座は、メインテキストや過去問題集を持ち歩かなくても、必修単語集やWebテストを利用して、通勤・通学途中や休憩時間などスキマ時間に学習を進められます。

スキマ時間に細かい知識をコツコツと積み上げる小さな努力が、合格につながると言っても過言ではありません。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「日本語検定講座」を資料請求する(無料)

 

学習のカリキュラムは?

2級と3級の共通テキストで基礎を学習

リズ
リズ

先述した通り、メインテキストは2級と3級共通の教材で、6項目の基礎知識を網羅しています。

2級と3級のレベルは大学卒業から社会人中級程度に該当し、メインテキストの6項目は大人の教養として身につけておきたい内容と言えるでしょう。

しかしながら、毎日使用して慣れている言語であるにもかかわらず、学習を進めると意外な発見があり、未知の表現方法や敬語の多彩な使い方などに感嘆することも珍しくありません。

こうした新鮮な驚きが学習意欲を高め、向上心を支えてくれるでしょう。

復習しながら3級レベルを習得

リズ
リズ

テキスト学習を一通り終えたら、3級の過去問題集に挑戦しましょう。

各級ごとに3回分の過去問を繰り返すことにより、実力を高め実戦形式に慣れることができます。

3級レベルの第1回添削問題を本番と同じ時間配分で解けば、本試験を想定した模試として活用できるでしょう。

まず3級試験に合格したい人は、この段階で本番を受験することも可能です。

2級合格に向けて総仕上げ

リズ
リズ

3級の過去問を終えたら、2級の過去問にチャレンジし、何回も繰り返して知識を定着させましょう。

過去問を繰り返すと、合格点として設定されている8割以上の得点力が身につきます。

思考力を要する総合問題を解くスピードも上がって、本番でも慌てることなくゆとりを持って回答できるでしょう。

第2回添削問題で2級対策を徹底し、万全の体制で本番に臨めます。

教材やテキストに関して

コンパクトにまとまったテキスト

リズ
リズ

ユーキャンの日本語検定講座の中心的教材となるのは、2級と3級共通のメインテキストです。

メインテキストの内容は、

  1. 語彙
  2. 文法
  3. 敬語
  4. 言葉の意味
  5. 表記
  6. 漢字

までの6項目にわたりコンパクトにまとめられています。

各項目において重要なポイントが明確に示されているので、初心者も順を追って少しずつ学習すれば、確実に実力をつけられるでしょう。

理解しやすい工夫がされている

テキストの各章の冒頭では、親しみやすいキャラクターが各章のテーマを紹介してくれます。

リズ
リズ

章ごとにこれから何を学ぶか明らかになるため、自然に理解が深まるでしょう。

欄外に掲載された参考情報やイラストなども、内容理解に役立ちます。

日常の場面における使われ方の例なども豊富に記載されていて、実践的な応用力が身につくことも期待されます。

意外な意味や使い方の再発見をしたり、学んだ言葉を身近な場面で使える手応えを感じたりして、学習自体が楽しいものになるでしょう。

すぐに理解度がチェックできる

各章に設けられた例題や実力アップ問題に挑戦すれば、学習内容が正しく理解されているか、その場でチェックできます。

リズ
リズ

チェック問題の出題形式も本番を意識しているので、実践的な演習を兼ねることも可能です。

2級レベルの設問には2級用のマークをつけてあり、自分の望むレベルに合わせて問題を取捨選択できるようになっている点も特徴的と言えるでしょう。

実戦力が養える過去問付き

リズ
リズ

試験合格には、過去問の分析と繰り返しが欠かせません。

日本語検定の過去問題集は、2級・3級ともに3回分の過去問を載せています。

過去問題集を解いたら、詳しい解説を読んで、弱点克服を心がけましょう。

過去問を何度も繰り返し、難解だった部分をしっかり理解することにより、合格に必要な8割以上の得点力が身につきます。

必修単語集でレベルアップ

日本語検定合格に必要な語彙力を育むためには、必修単語集の活用が有効です。

リズ
リズ

必修単語集は、出題カテゴリーごとに単語や熟語がコンパクトにまとめられており、スキマ時間を利用した勉強に最適でしょう。

また、索引を利用すれば、スピーディに単語を調べられるようになっています。

用語の種類や意味は、日本語検定試験合格に欠かせません。

必修単語集をフル活用して、語彙力をアップしましょう。

Webテストで知識の確認

リズ
リズ

ユーキャンは、スマホやパソコンで利用できるWebテストを提供しています。

手元にスマホがあれば、いつでもどこでもWebテストにトライして実力アップにつなげられます。

日本語検定のWebテストは、ユーキャンの受講生専用サイト「学びオンラインプラス」にアクセスすれば、24時間利用が可能です。

こんな人におすすめ!

大学入試に有利な検定を取得したい人

リズ
リズ

大学入試のAO入試や推薦入学では、日本語検定の資格があると優遇措置を受けられる場合があります。

そこで、日本語検定にチャレンジする高校生や高専生が少なくありません。

しかし、学業や部活動などに忙しい学校生活を送りながら、日本語検定の勉強もこなすのは容易ではないでしょう。

スキマ時間にユーキャンの講座を利用すれば、効率的な学習ができて短時間の勉強でも合格が期待できます。

就職活動で強みになる資格がほしい人

大学入試だけでなく、就職や転職活動においても、日本語検定の資格が有利になることは珍しくありません。

リズ
リズ

就職活動でアドバンテージを得たい人には、日本語検定の資格取得がおすすめです。

企業が求める人材としては、日本語検定2級以上の資格を有することが必要となるでしょう。

社会人の常識として、正確な日本語を駆使できることは重要なのです。

企業や教員の採用試験で、日本語検定と似た問題が出されたこともあります。

ビジネスに役立つスキルがほしい人

ビジネスで頻繁に行われるプレゼンテーションやカンファレンスなどの場面で、きちんと情報を伝えられるためには正確な日本語力が不可欠です。

リズ
リズ

どんなに優れた問題解決能力や斬新なアイデアを持っていたとしても、的確に表現する言葉を発せられなければ、その実力も認められないでしょう。

企画の立案や遂行の基盤として、ビジネスの現場では成熟した日本語力の重要性が見直されています。

そこで、多数の企業が日本語検定を重視し、社員研修にも採用しているのです。

コミュニケーション能力をアップしたい人

あらゆる職場で、人間同士の協力は欠かせません。

リズ
リズ

このためには、円滑なコミュニケーションを図る力が必要です。

コミュニケーション能力を高めるうえで、日本語力の向上は重要と言えるでしょう。

臨機応変に相手に合わせた言葉を選んで発話できるために、豊富な語彙力をつけられる日本語検定の重要性は増す一方だと言えるかもしれません。

最後に

リズ
リズ

ユーキャンの講座では、わからないところがあればいつでもweb上で質問できます。

また、標準学習期間の5ヶ月を超えても次の試験までサポートしてくれるので、忙しい人も安心して受講できるでしょう。

日本語検定の学習は、身近な言葉なのに様々な再発見があって楽しく学べます。

ユーキャンの講座を利用して、受験や就職に有利な日本語検定の2級に合格しましょう。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
>>ユーキャンの「日本語検定講座」を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました