【保育士の資格】四谷学院の通信講座ってどうなの?特徴や評判について

「保育士の資格が欲しいのに、家事や育児でなかなか勉強する時間がない。」

あるいは、「保育士試験にチャレンジしたいけれど、全く知識や経験がないので自信がない。」

リズ
リズ

このような方には、四谷学院の保育士講座がおすすめです。

通信講座なので都合がよい時に学習ができる上、わかりやすいテキストや動画講義によって、初学者の方でもスムーズに内容を理解できます。

今回の記事では、四谷学院通信講座の特徴から評判に至るまで、詳しく紹介していきます。

↓保育士の試験対策講座↓

無料の資料請求はこちら

四谷学院の保育士講座

スクール名金額
(税込)
学習期間
四谷学院通信講座79,800円8ヶ月

講座の通信講座

四谷学院の保育士講座における、受講生の保育士試験合格率は68.7%(平成29年度)

リズ
リズ

これは厚生労働省が発表した、全国平均合格率のなんと3.2倍にも相当します。

このような高い合格率を達成できる理由は、四谷学院が独自に開発したプログラム「55段階学習システム」にあります。

「55段階学習システム」について

このプログラムでは保育士講座を55段階に細分化し、スモールステップ学習によって1つひとつのステージをクリアしながら、合格に必要な知識やスキルを着実にマスターできる仕組みになっています。

さらに「55段階学習システム」で特徴的なのは、最初に短時間の動画で重要ポイントをチェックしてから、その後にテキスト学習に移ること。

リズ
リズ

映像とテキストの相乗効果によって、初学者の方でもスムーズな理解を可能にします。

なお、55段階のうち1回当たりの学習時間は、わずか45分

これを8ヵ月にわたり継続することで、本番の試験に必要な学力をしっかりと身につけることができます。

またこの講座の監修は、使用するオリジナル教材を含め、保育界の重鎮である汐見稔幸教授が担当。

初学者や忙しい方でも無理のない学習ペースを保ちながら、スピーディーな試験の合格を目指します。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
保育士の試験対策講座を資料請求する(無料)

 

学習のカリキュラム

1.講義動画で学習

四谷学院の保育士講座では、「55段階学習システム」をベースにしながら、学習のカリキュラムが進みます。

各段階ごとに科目の内容は異なるものの、最初に講義動画を見てからテキスト学習へ移るパターンは共通。

講義動画は本番の試験に必要なポイントだけを抽出しており、1章分わずか5分ほどの所要時間で済みます。

リズ
リズ

これならば忙しい方や初学者の方でも、有効時間を活用して無理なく見ることが可能です。

2.テキストで学習

リズ
リズ

講義動画で大まかな内容を把握したら、さらにテキストで詳細に学習します。

テキストには図解やイラストあるいは補足事項が豊富に掲載されている上、既に講義動画で全体像を把握しているため、理論やスキルがスラスラと頭に入ります。

続いてパソコンで数多くの演習問題を解いて、講義動画やテキストでインプットした内容を確実なものにします。

なお、間違えた問題はデータとして蓄積されており、「フォローアップシステム」で何度も繰り返しチェックすれば、記憶の定着や弱点の克服に役立てることが可能です。

3.副教材でサポート

「55段階学習システム」に基づいてカリキュラムを進めるにあたっては、「ナビゲーション機能」が一人ひとりの学習をしっかりとサポートします。

この機能では、スケジュールや成績などが管理されており、学習速度や目標達成度を一目でチェックすることが可能です。

リズ
リズ

これならば、独りで通信講座を受けるのに不安がある方でも、安心して学習を進めることができます。

この他にも、空き時間の学習に便利なハンディサイズの「どこでもチェックBOOK」や、最新の法令や統計資料のチェックに役立つ「資料集」など、初学者や忙しい方の学習をサポートする副教材も充実します。

4.添削課題の提出

「55段階学習システム」を一通り終えたら、添削課題を提出することで、ここまで学んだ知識やスキルをアウトプットする力を養います。

添削課題は分量や形式などが、本番の試験問題と近いものにアレンジされているので、学習の総仕上げや弱点のカバーだけでなく、より実践的な力を身につけることが可能です。

5.筆記試験対策に過去問を勉強

さらに本番の筆記試験前には、丁寧できめ細かい解説のついた過去問題を使って、繰り返し予行演習をします。

保育士講座の過去問題演習では、正しい答えに至るまでのプロセスや、誤った答えの原因あるいは理由などをしっかりと解説。

リズ
リズ

この演習を繰り返すことで、正しく回答できる思考パターンが磨かれます。

6.実技試験対策に講義動画のチェック

リズ
リズ

筆記試験に合格したら、直ぐに実技試験の対策に取り組みます。

実技試験で出題される、音楽・言語・造形の3分野のうち、当日選択する2分野について、講義動画で合格のポイントをチェックしながら、実践的なトレーニングを繰り返します。

なお四谷学院の保育士講座では、添削指導やスクーリングも実施しているので、併せて活用するとよいでしょう。

最終的に実技試験にも合格して保育士登録をすれば、保育士として活躍できる場や機会がグッと開けます。

教材や受講費用

教材について

四谷学院の保育士講座で使用するテキストは、わかりやすい表現を用いた文章をはじめ、豊富な図解やイラスト、あるいは難しい内容も容易にイメージできる具体例など、様々な工夫が施されています。

リズ
リズ

初学者の方でも理解しやすい内容や構成で、必要な知識やスキルを無理なく身につけることができます。

具体的な科目内容としては、保育原理児童家庭福祉の他、保育心理学保育実習理論などを含め全部で8科目

これに加え、一流講師陣の講義動画やテキストによる、実技試験対策セットも付属します。

リズ
リズ

その上、副教材や添削課題あるいはサポート体制も充実

「どこでもチェックBOOK」はコンパクトなB6サイズなので、ちょっとした空き時間でも効率的に学習を行えます。

また全9回の課題提出は、懇切丁寧な添削が決め手。

受講サポート期間も2020年度の試験終了まで続くため、忙しい方でも余裕をもって学習の継続が可能です。

受講料について

リズ
リズ

ここまで8科目+実技試験対策などの全科目セットで、受講料は税込み79,800円

科目別申込みであれば、1科目あたり税込みで14,800円からOKです。

なお送料は無料です。

また教育訓練給付制度や各種助成金制度にも対応しており、条件さえ充たせば、学費の最大20%が還付されます。

現役保育士の声

リズ
リズ

四谷学院の保育士講座を受講して念願の保育士になった方々からは、数多くの実体験に基づいた声が届いています。

ある現役保育士の方によると、55段階システムのおかげでスケジュールが立てやすく、効率的に学習を進めることができたそうです。

また別の現役保育士の方の場合、パソコン演習を繰り返し復習したことが、一発合格へ結びついたと語っています。

良くある質問

四谷学院の保育士講座を検討している方からは、様々な質問が寄せられます。

リズ
リズ

例えば、標準学習期間についての質問もその1つ。

この講座では8ヵ月を学習期間の目安としていますが、本番の試験まで8ヵ月を切っていても、受講をすることは可能です。

保育士試験は科目合格制なので、とにかくこの講座で学習のスタートを切って、1科目でも多く合格しておくと有利です。

リズ
リズ

その他には、特定の科目だけを受講したい方からの質問も、数多く目立ちました。

この点、四谷学院の保育士講座では1科目からでも受講が可能です。

例えば、既に筆記試験に合格している方が実技試験対策講座だけを利用するのもOKです。

受講者の声

リズ
リズ

四谷学院の保育士講座で合格した方からは、数々の喜びや感謝の声が聞かれます。

例えばテキストについては、「図解やイラストが多用されていたので、楽しく読み進めることができた」という感謝の声がありました。

また、実技試験対策講座を利用した方によると、「添削指導で合格のポイントや時間配分が明確になったおかげで、試験当日も余裕をもって挑むことができた」とのことでした。

最後に

ここまで紹介してきたように四谷学院の保育士講座であれば、55段階学習システムという独自のプログラムにより、計画的かつ効率的な学習が実現できます。

またテキストと動画を組み合わせた学習スタイルが、相乗効果を生んでスムーズな理解を可能にします。

リズ
リズ

初めて学ぶ方日ごろから忙しい方であっても、これらの魅力あふれる講座内容によって、無理なくスピーディーに合格へと導きます。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
保育士の試験対策講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました