幼稚園教諭の資格とは?免許取得の方法・仕事内容・給料について

可愛い子ども達に囲まれて、間近で成長発達していく姿を見られるのが幼稚園教諭です。

リズ
リズ

子どもが好きな人にとっては、この仕事が天職であると言えるでしょう。

現在の日本では少子高齢化が進んでいますが、一方では待機児童がなかなか解消されないという現状もあります。

そのため、幼稚園や保育園の需要が益々高まってきているのです。

↓保育士の試験対策講座↓

無料の資料請求はこちら

幼稚園の先生になるには?

幼稚園教諭の免許が必要

リズ
リズ

幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭の免許が必要になります。

この免許は国家資格であり、定められた課程を履修することが必須条件です。

資格がなくても働くことができる幼稚園もありますが、担任の補助のみなど仕事内容に制限があります。

リズ
リズ

また人の命を預かる仕事なので、しっかりと幼児教育に関する知識を身につけておかなければなりません。

そのため、幼稚園の先生として働きたいのであれば資格を取得することが良いでしょう。

幼稚園教諭の免許を取得するには?

リズ
リズ

幼稚園教諭の免許は、主に大学や短大、専門学校などの幼児教育に関する専門学科で学び取得することができます。

しかし、免許を取得しただけでは幼稚園の先生にはなれません。

それぞれの幼稚園で採用試験に合格する必要があります。

幼稚園教諭免許には、大学や短大などによって一種免許や二種免許など種類が異なります。

そして幼稚園の採用試験でも、幼稚園教諭一種免許の取得者のみなど定められている場合があるのです。

リズ
リズ

そのため、自分がどのような幼稚園で働きたいのかといった事を、ある程度明確にしておくと良いでしょう。

さらに学校によっては、小学校教諭の免許を同時に取得できる学科もあります。

将来的に小学校での勤務も視野に入れている人は、同時取得が可能な学校を選ぶと良いです。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
幼稚園教諭の通信講座を資料請求する(無料)

資格を取得する方法は?

大学・短大・専門学校で取得可能

リズ
リズ

通信制や通学制を含め、大学や短大、専門学校などで定められた課程を履修し卒業する事で、幼稚園教諭免許を取得することができます。

短大や専門学校の場合は2年から3年と最短での資格取得が可能であり、どちらも幼稚園教諭二種免許が取得できます。

一方で大学は4年の履修が必要ですが、幼稚園教諭一種免許の取得が可能です。

さらに大学院は長い期間が必要ですが、幼稚園教諭専修免許が取得できます。

リズ
リズ

このように幼稚園教諭には一種や二種、専修という種類が存在しています。

この種類によって学ぶ内容に違いはありません。

大学や短大、専門学校など卒業した学校によって分けられているのです。

幼稚園によっては採用基準としてこの免許の種類が指定されていたり、主任や管理職には一種以上が必要な場合があります。

どの学校で資格を取得するのかは、将来的なキャリアなどを考慮しておくと良いかもしれません。

両方取得する人もいる

リズ
リズ

これまで保育士として働き、幼稚園教諭の免許も取得したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

保育士資格を持っている場合は、一から学校で学ぶ必要はありません。

保育士資格を所有し定められた実務経験があれば、教員資格認定試験で幼稚園教諭免許取得が可能です。

また保育士向けに免許取得の特例制度もあり、学士を取得している場合は幼稚園教諭一種免許を取得することもできます。

幼稚園教諭の仕事内容は?

幼稚園児の成長発達の手助け

リズ
リズ

幼稚園の先生は、単に子ども達と一緒に遊ぶことだけが仕事ではありません。

幼稚園入学の満3歳から小学校入学前までの幼児期は、将来の人格形成や心身の成長発達にとても重要な時期です。

そのため、健やかでのびのびと過ごせるような環境を子ども達に提供することが必要になります。

幼稚園での生活を通して、子ども達は五感を刺激しながら様々な体験をして学んでいきます。

あらゆる場面で成長発達の手助けができるようなカリキュラムを作成するのです。

また文部科学省が定めた幼稚園教育要領に基づいて、各幼稚園は保育や教育などを進めていきます。

働き先は様々なところがある

リズ
リズ

働く職場は幼稚園以外にも、幼児教室や児童福祉施設、保育所など様々あります。

認定こども園や幼児教室は年々需要が高まっているので、今後幼稚園教諭の活躍の場が広がっていくと考えられます。

保育施設に関しては、保育士資格が必須な場合や幼稚園教諭のみで良い場合など様々です。

保育士と幼稚園教諭の資格が同時に取得できる学校が多いので、保育の現場にも興味がある人は両方の資格を持っていると良いでしょう。

幼稚園教諭に向いている人は?

子供好きな人

リズ
リズ

幼稚園教諭は、朝の登園時間から夕方の降園時間までずっと子ども達と一緒に過ごします。

降園した後にも、翌日の準備をしたり子ども達の様子をまとめた日誌など書類を書く作業があります。

幼稚園の先生は、朝から夜まで子ども達のことを考えているといっても過言ではありません。

たくさんの子どもと常に関わる仕事である以上、幼稚園教諭は子ども好きであるということが大前提なのです。

子供の世話をするのが好きな人

リズ
リズ

幼稚園では、歌を歌ったり絵本を読んだりします。

人前で何かをすることが好きな人は向いているでしょう。

また、子供のお世話をすることが好きな人は、子どものトイレや食事の補助や着替えの手伝いなど、無理なくこなすことができます。

楽しみながら制作活動ができる人

リズ
リズ

幼稚園では、折り紙やお絵かき、行事にまつわる製作活動などがたくさんあります。

細かい作業が得意だったり手先が器用な人は、子ども達と一緒に楽しみながら製作活動ができるのではないでしょうか。

ピアノに関しては、絶対にできなければならないという訳ではありません。

しかし、担任ともなれば弾き歌いや行事での伴奏などが必要になります。

資格取得の課程で音楽の授業があるので、しっかりと勉強をしておくことをおすすめします。

幼稚園教諭の給料について

幼稚園教諭の平均的な給与は?

リズ
リズ

幼稚園教諭や保育士は国家資格が必要な専門職でありながら、給料は低めな傾向にあります。

厚生労働省の平成27年度の調査結果によると、正社員の幼稚園教諭の平均年齢は32.3歳で平均月収は22万9800円年収にすると340万1600円であることがわかりました。

さらに国税庁の平成26年度の調査では、民間の給与所得者の平均年収が415万円であるという結果が出ています。

リズ
リズ

このことから、幼稚園教諭の平均年収は他の職業に比べて低い水準なのです。

しかし、幼稚園教諭の平均月収は毎年340万円前後と安定しており、管理職やキャリアを積むことでさらに上を目指すことができるでしょう。

将来的には待遇が改善される

リズ
リズ

近年では待機児童が解消されないことから、保育や教育に関する施設の増設が求められています。

しかし、幼稚園や保育園の待遇の悪さや過重労働などにより、離職してしまう人が増加しているのです。

現在の日本ではこの幼稚園教諭や保育士の待遇改善施設に対する補助など、様々な部分で取り組みが進められています。

リズ
リズ

施設への補助が増えて働く職員への待遇が良くなれば、幼稚園教諭を目指す人や復職する人が増えるかもしれません。

実際に社会問題となっていることから、現在よりも待遇や給料、働く環境が悪くなることはないでしょう。

今後益々働きやすい環境になっていくことが期待されている職業なのです。

将来を見据えた選択を

リズ
リズ

幼稚園教諭免許に関して内容に変わりはないものの、学ぶ学校によって一種や二種など取得できる免許の種類が異なります。

また同時取得できる資格の有無なども、学校によって変わってくるのです。

学校を選ぶ際には、将来的にどのような幼稚園教諭になりたいのか、他にも興味を持っている保育施設や教育機関があるかなど考えておく必要があります。

幼稚園教諭は、子どもの成長を感じられるやりがいが大きい仕事なのです。

資料請求ページ 申し込みをする前に!
幼稚園教諭の通信講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました